Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.3. Azure VM 設定

Azure 仮想マシンには、以下の構成設定が必要です。設定の一部は、最初の仮想マシン作成時に有効になります。Azure 用の仮想マシンイメージのプロビジョニング時に、その他の設定が設定されます。この手順を進める際には、この設定に留意してください。必要に応じてそれらを参照します。

表2.2 仮想マシンの構成設定

設定推奨事項

ssh

Azure VM へのリモートアクセスを確立するには、SSH を有効にする必要があります。

dhcp

プライマリー仮想アダプターは、dhcp (IPv4 のみ) 用に設定する必要があります。

swap 領域

専用 swap ファイルまたは swap パーティションは作成しないでください。Windows Azure Linux Agent (WALinuxAgent) を使用してスワップ領域を設定できます。

NIC

プライマリー仮想ネットワークアダプター用に virtio を選択します。

暗号化

カスタムイメージの場合には、Azure で完全なディスク暗号化に Network Bound Disk Encryption (NBDE) を使用します。