Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.13. Azure 内部ロードバランサーの作成

Azure 内部ロードバランサーは、ヘルスプローブ要求に応答しないクラスターノードを削除します。

以下の手順を実行し、Azure 内部ロードバランサーを作成します。各ステップは特定の Microsoft 手順を参照し、HA のロードバランサーをカスタマイズするための設定が含まれます。

手順

  1. 基本ロードバランサーを作成します。IP アドレスの割り当てタイプの場合は、内部ロードバランサー基本 SKU、および 動的 を選択します。
  2. バックエンドのアドレスプールを作成します。バックエンドプールを HA に Azure リソースを作成した時に作成された可用性セットに関連付けます。ターゲットネットワーク IP 設定は設定しないでください。
  3. ヘルスプローブを作成します。ヘルスプローブの場合は TCP を選択し、ポート 61000 を入力します。別のサービスに干渉しない TCP ポート番号を使用できます。特定の HA 製品アプリケーション (SAP HANA や SQL Server など) については、Microsoft と連携して使用する正しいポートを指定する必要がある場合があります。
  4. ロードバランサールールを作成します。ロードバランシングルールを作成する場合は、デフォルト値が事前に設定されます。フローティング IP (ダイレクトサーバーを返す)有効 に設定してください。