Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.12. フェンスデバイスの作成

フェンシングを構成するには、以下の手順を実行します。クラスターの任意のノードからこのコマンドを完了します。

前提条件

クラスタープロパティー stonith-enabledtrue に設定する必要があります。

手順

  1. 各 RHEL 仮想マシンの Azure ノード名を特定します。Azure ノード名を使用してフェンスデバイスを設定します。

    # fence_azure_arm -l AD-Application-ID -p AD-Password --resourceGroup MyResourceGroup --tenantId Tenant-ID --subscriptionId Subscription-ID -o list

    たとえば、以下のようになります。

    [root@node01 clouduser]# fence_azure_arm -l e04a6a49-9f00-xxxx-xxxx-a8bdda4af447 -p z/a05AwCN0IzAjVwXXXXXXXEWIoeVp0xg7QT//JE= --resourceGroup azrhelclirsgrp --tenantId 77ecefb6-cff0-XXXX-XXXX-757XXXX9485 --subscriptionId XXXXXXXX-38b4-4527-XXXX-012d49dfc02c -o list
    node01,
    node02,
    node03,
  2. Azure ARM STONITH エージェントのオプションを表示します。

    pcs stonith describe fence_azure_arm

    たとえば、以下のようになります。

    # pass:quotes[pcs stonith describe fence_apc]
    Stonith options:
    password: Authentication key
    password_script: Script to run to retrieve password
    警告

    method オプションを提供するフェンスエージェントでは、cycle の値を指定しないため、データの破損が発生する可能性があるため、この値は指定しないでください。

    1 つのノードのみをフェンスできるフェンスデバイスや、複数のノードをフェンスできるデバイスもあります。フェンスデバイスの作成時に指定するパラメーターは、フェンスデバイスが対応しているか、必要としているかにより異なります。

    フェンスデバイスの作成時に pcmk_host_list パラメーターを使用すると、フェンスデバイスで制御されるすべてのマシンを指定できます。

    フェンスデバイスの作成時に pcmk_host_map パラメーターを使用すると、フェンスデバイスに関する仕様にホスト名をマッピングできます。

  3. フェンスデバイスを作成します。

    # pcs stonith create clusterfence fence_azure_arm
  4. 他のノードのいずれかに対してフェンスエージェントをテストします。

    # pcs stonith fence azurenodename

    たとえば、以下のようになります。

    [root@node01 clouduser]# pcs status
    Cluster name: newcluster
    Stack: corosync
    Current DC: node01 (version 1.1.18-11.el7-2b07d5c5a9) - partition with quorum
    Last updated: Fri Feb 23 11:44:35 2018
    Last change: Fri Feb 23 11:21:01 2018 by root via cibadmin on node01
    
    3 nodes configured
    1 resource configured
    
    Online: [ node01 node03 ]
    OFFLINE: [ node02 ]
    
    Full list of resources:
    
      clusterfence  (stonith:fence_azure_arm):  Started node01
    
    Daemon Status:
      corosync: active/disabled
      pacemaker: active/disabled
      pcsd: active/enabled
  5. 前の手順でフェンシングされたノードを起動します。

    # pcs cluster start hostname
  6. ステータスを確認して、ノードが起動したことを確認します。

    # pcs status

    たとえば、以下のようになります。

    [root@node01 clouduser]# pcs status
    Cluster name: newcluster
    Stack: corosync
    Current DC: node01 (version 1.1.18-11.el7-2b07d5c5a9) - partition with quorum
    Last updated: Fri Feb 23 11:34:59 2018
    Last change: Fri Feb 23 11:21:01 2018 by root via cibadmin on node01
    
    3 nodes configured
    1 resource configured
    
    Online: [ node01 node02 node03 ]
    
    Full list of resources:
    
    clusterfence    (stonith:fence_azure_arm):  Started node01
    
    Daemon Status:
      corosync: active/disabled
      pacemaker: active/disabled
      pcsd: active/enabled