Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.14. ロードバランサーリソースエージェントの設定

ヘルスプローブを作成したら、ロードバランサー リソースエージェントを設定する必要があります。このリソースエージェントは、Azure ロードバランサーからヘルスプローブ要求に応答し、要求に応答しないクラスターノードを削除するサービスを実行します。

手順

  1. 全ノードに nmap-ncat リソースエージェントをインストールします。

    # yum install nmap-ncat resource-agents

    単一ノードで以下の手順を実行します。

  2. pcs リソースおよびグループを作成します。IPaddr2 アドレスにロードバランサーの FrontendIP を使用します。

    # pcs resource create resource-name IPaddr2 ip="10.0.0.7" --group cluster-resources-group
  3. ロードバランサー リソースエージェントを設定します。

    # pcs resource create resource-loadbalancer-name azure-lb port=port-number --group cluster-resources-group

検証手順

pcs status を実行して結果を表示します。

[root@node01 clouduser]# pcs status

たとえば、以下のようになります。

Cluster name: clusterfence01
Stack: corosync
Current DC: node02 (version 1.1.16-12.el7_4.7-94ff4df) - partition with quorum
Last updated: Tue Jan 30 12:42:35 2018
Last change: Tue Jan 30 12:26:42 2018 by root via cibadmin on node01

3 nodes configured
3 resources configured

Online: [ node01 node02 node03 ]

Full list of resources:

clusterfence (stonith:fence_azure_arm):      Started node01
Resource Group: g_azure
    vip_azure  (ocf::heartbeat:IPaddr2):       Started node02
    lb_azure   (ocf::heartbeat:azure-lb):      Started node02

Daemon Status:
  corosync: active/disabled
  pacemaker: active/disabled
  pcsd: active/enabled