Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.5.2. MIT Kerberos 用のローカル承認プラグインの使用

winbind サービスは、Active Directory ユーザーをドメインメンバーに提供します。特定の状況では、管理者が、ドメインメンバーで実行している SSH サーバーなどのローカルサービスに対して、ドメインユーザーが認証を行えるようにします。Kerberos を使用してドメインユーザーを認証している場合は、winbind サービスを介して、winbind_krb5_localauth プラグインが Kerberos プリンシパルを Active Directory アカウントに正しくマッピングできるようにします。

たとえば、Active Directory ユーザーの sAMAccountName 属性を EXAMPLE に設定し、小文字のユーザー名でユーザーがログインしようとすると、Kerberos はユーザー名を大文字で返します。その結果、エントリーは認証の失敗に一致しません。

winbind_krb5_localauth プラグインを使用すると、アカウント名が正しくマッピングされます。これは GSSAPI 認証にのみ適用され、初期のチケット付与チケット (TGT) の取得には該当しません。

前提条件

  • Samba が Active Directory のメンバーとして設定されている。
  • Red Hat Enterprise Linux が、Active Directory に対してログイン試行を認証している。
  • winbind サービスが実行している。

手順

/etc/krb5.conf ファイルを編集し、以下のセクションを追加します。

[plugins]
localauth = {
     module = winbind:/usr/lib64/samba/krb5/winbind_krb5_localauth.so
     enable_only = winbind
}

関連情報

  • winbind_krb5_localauth(8) man ページ.