Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.6.2. exportfs ユーティリティー

root ユーザーは、exportfs ユーティリティーを使用すると、NFS サービスを再起動せずにディレクトリーを選択してエクスポートまたはアンエクスポートできます。適切なオプションが指定されると、exportfs ユーティリティーは、エクスポートされたファイルシステムを /var/lib/nfs/xtab に書き込みます。ファイルシステムへのアクセス権を決定する際には、nfs-mountd サービスが xtab ファイルを参照するため、エクスポートしたファイルシステムのリストの変更が直ちに反映されます。

一般的な exportfs オプション

exportfs で利用できる一般的なオプションの一覧は以下のようになります。

-r
/var/lib/nfs/etab に新しいエクスポート一覧を作成して、/etc/exports に一覧表示されているディレクトリーをすべてエクスポートします。このオプションにより、/etc/exports に変更が加えられると、エクスポート一覧が効果的に更新されます。
-a
exportfs に渡されるその他のオプションに応じて、すべてのディレクトリーをエクスポートするかどうかを判断します。その他のオプションが指定されていないと、exportfs は、/etc/exports で指定されたすべてのファイルシステムをエクスポートします。
-o file-systems
/etc/exports 内に記載されていない、エクスポートされるディレクトリーを指定します。file-systems の部分を、エクスポートされる追加のファイルシステムに置き換えます。これらのファイルシステムは、/etc/exports で指定されたものと同じフォーマットでなければなりません。このオプションは、多くの場合、エクスポートされるファイルシステムの一覧に永続的に追加する前に、エクスポートされるファイルシステムをテストするために使用されます。
-i
/etc/exports を無視します。コマンドラインで指定されたオプションのみが、エクスポート用ファイルシステムの定義に使用されます。
-u
すべての共有ディレクトリーをエクスポートしなくなります。exportfs -ua コマンドは、すべての NFS サービスを稼働状態に維持しながら、NFS ファイル共有を保留します。NFS 共有を再度有効にするには、exportfs -r を使用します。
-v
詳細な表示です。exportfs コマンドを実行するときに表示されるエクスポート、または非エクスポートのファイルシステムの情報が、より詳細に表示されます。

exportfs ユーティリティーにオプションが渡されていない場合は、現在エクスポートされているファイルシステムのリストが表示されます。