1.7. 仮想ホストの設定

Apache HTTP Server に組み込まれている仮想ホストを使用すると、どの IP アドレス、ホスト名、またはポートが要求されているかに基づいて、サーバーが異なる情報を提供できます。

名前ベースの仮想ホストを作成するには、/usr/share/doc/httpd/httpd-vhosts.conf 設定ファイルを /etc/httpd/conf.d/ ディレクトリーにコピーします。例1.2「仮想ホストの設定例」に従って、要件に応じてオプションをカスタマイズします。

例1.2 仮想ホストの設定例

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin webmaster@penguin.example.com
    DocumentRoot "/www/docs/penguin.example.com"
    ServerName penguin.example.com
    ServerAlias www.penguin.example.com
    ErrorLog "/var/log/httpd/dummy-host.example.com-error_log"
    CustomLog "/var/log/httpd/dummy-host.example.com-access_log" common
</VirtualHost>

ServerName は、マシンに割り当てられた有効な DNS 名を指定する必要があることに注意してください。<VirtualHost> コンテナーは高度なカスタマイズが可能で、メインサーバーの設定で利用可能なディレクティブのほとんどを使用できます。このコンテナーで対応して いない ディレクティブには、SuexecUserGroup に置き換えられた ユーザー および グループ が含まれます。

注記

仮想ホストがデフォルト以外のポートをリッスンするように設定している場合は、それに応じて /etc/httpd/conf/httpd.conf ファイルのグローバル設定セクションの Listen ディレクティブを必ず更新してください。

新しく作成された仮想ホストを有効にするには、最初に Web サーバーを再起動します。httpd サービスを再起動する方法は、「サービスの再起動」を参照してください。