Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.6. IdM ドメインメンバーでの Samba の設定

Red Hat Identity Management (IdM) ドメインに参加しているホスト上で Samba をセットアップできます。IdM のユーザー、および可能であれば、信頼された Active Directory (AD) ドメインのユーザーは、Samba が提供する共有およびプリンターサービスにアクセスできます。

重要

IdM ドメインメンバーで Samba を使用する機能は、テクノロジープレビュー機能で、特定の制限が含まれています。たとえば、IdM 信頼コントローラーは Active Directory グローバルカタログサービスをサポートしておらず、分散コンピューティング環境/リモートプロシージャコール (DCE/RPC) プロトコルを使用した IdM グループの解決をサポートしていません。結果として、AD ユーザーは、他の IdM クライアントにログインしている場合、IdM クライアントでホストされている Samba 共有とプリンターにのみアクセスできます。Windows マシンにログインしている AD ユーザーは、IdM ドメインメンバーでホストされている Samba 共有にアクセスできません。

IdM ドメインメンバーに Samba をデプロイしているお客様は、ぜひ Red Hat にフィードバックをお寄せください。

AD ドメインのユーザーが Samba によって提供される共有およびプリンターサービスにアクセスする必要がある場合は、AES 暗号化タイプが AD になっていることを確認してください。詳細は、GPO を使用した Active Directory での AES 暗号化タイプの有効化 を参照してください。

前提条件

  • ホストは、クライアントとして IdM ドメインに参加している。
  • IdM サーバーとクライアントの両方が RHEL 8.1 以降で実行されている必要がある。

3.6.1. Samba をドメインメンバーにインストールするための IdM ドメインの準備

IdM クライアントに Samba を設定する前に、IdM サーバーで ipa-adtrust-install ユーティリティーを使用して IdM ドメインを準備する必要があります。

注記

ipa-adtrust-install コマンドを自動的に実行するシステムは、AD 信頼コントローラーになります。ただし、ipa-adtrust-install は、IdM サーバーで 1 回のみ実行する必要があります。

前提条件

  • IdM サーバーがインストールされている。
  • パッケージをインストールし、IdM サービスを再起動するには、root 権限が必要です。

手順

  1. 必要なパッケージをインストールします。

    [root@ipaserver ~]# yum install ipa-server-trust-ad samba-client
  2. IdM 管理ユーザーとして認証します。

    [root@ipaserver ~]# kinit admin
  3. ipa-adtrust-install ユーティリティーを実行します。

    [root@ipaserver ~]# ipa-adtrust-install

    統合 DNS サーバーとともに IdM がインストールされていると、DNS サービスレコードが自動的に作成されます。

    IdM が統合 DNS サーバーなしで IdM をインストールすると、ipa-adtrust-install は、続行する前に DNS に手動で追加する必要があるサービスレコードのリストを出力します。

  4. スクリプトにより、/etc/samba/smb.conf がすでに存在し、書き換えられることが求められます。

    WARNING: The smb.conf already exists. Running ipa-adtrust-install will break your existing Samba configuration.
    
    Do you wish to continue? [no]: yes
  5. このスクリプトは、従来の Linux クライアントが信頼できるユーザーと連携できるようにする互換性プラグインである slapi-nis プラグインを設定するように求めるプロンプトを表示します。

    Do you want to enable support for trusted domains in Schema Compatibility plugin?
    This will allow clients older than SSSD 1.9 and non-Linux clients to work with trusted users.
    
    Enable trusted domains support in slapi-nis? [no]: yes
  6. プロンプトが表示されたら、IdM ドメインの NetBIOS 名を入力するか、Enter を押して提案された名前を使用します。

    Trust is configured but no NetBIOS domain name found, setting it now.
    Enter the NetBIOS name for the IPA domain.
    Only up to 15 uppercase ASCII letters, digits and dashes are allowed.
    Example: EXAMPLE.
    
    NetBIOS domain name [IDM]:
  7. SID 生成タスクを実行して、既存ユーザーに SID を作成するように求められます。

    Do you want to run the ipa-sidgen task? [no]: yes

    これはリソースを集中的に使用するタスクであるため、ユーザー数が多い場合は別のタイミングで実行できます。

  8. (必要に応じて) デフォルトでは、Windows Server 2008 以降での動的 RPC ポートの範囲は 49152-65535 として定義されます。ご使用の環境に異なる動的 RPC ポート範囲を定義する必要がある場合は、Samba が異なるポートを使用するように設定し、ファイアウォール設定でそのポートを開くように設定します。以下の例では、ポート範囲を 55000-65000 に設定します。

    [root@ipaserver ~]# net conf setparm global 'rpc server dynamic port range' 55000-65000
    [root@ipaserver ~]# firewall-cmd --add-port=55000-65000/tcp
    [root@ipaserver ~]# firewall-cmd --runtime-to-permanent
  9. ipa サービスを再起動します。

    [root@ipaserver ~]# ipactl restart
  10. smbclient ユーティリティーを使用して、Samba が IdM からの Kerberos 認証に応答することを確認します。

    [root@ipaserver ~]# smbclient -L server.idm.example.com -U user_name --use-kerberos=required
    lp_load_ex: changing to config backend registry
        Sharename       Type      Comment
        ---------       ----      -------
        IPC$            IPC       IPC Service (Samba 4.15.2)
    ...

3.6.2. IdM クライアントでの Samba サーバーのインストールおよび設定

IdM ドメインに登録されたクライアントに Samba をインストールして設定できます。

前提条件

手順

  1. ipa-client-samba パッケージをインストールします。

    [root@idm_client]# yum install ipa-client-samba
  2. ipa-client-samba ユーティリティーを使用して、クライアントを準備し、初期 Samba 設定を作成します。

    [root@idm_client]# ipa-client-samba
    Searching for IPA server...
    IPA server: DNS discovery
    Chosen IPA master: idm_server.idm.example.com
    SMB principal to be created: cifs/idm_client.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COM
    NetBIOS name to be used: IDM_CLIENT
    Discovered domains to use:
    
     Domain name: idm.example.com
    NetBIOS name: IDM
             SID: S-1-5-21-525930803-952335037-206501584
        ID range: 212000000 - 212199999
    
     Domain name: ad.example.com
    NetBIOS name: AD
             SID: None
        ID range: 1918400000 - 1918599999
    
    Continue to configure the system with these values? [no]: yes
    Samba domain member is configured. Please check configuration at /etc/samba/smb.conf and start smb and winbind services
  3. デフォルトでは、ipa-client-samba は、ユーザーが接続したときにそのユーザーのホームディレクトリーを動的に共有するために、/etc/samba/smb.conf ファイルに [homes] セクションが自動的に追加されます。ユーザーがこのサーバーにホームディレクトリーがない場合、または共有したくない場合は、/etc/samba/smb.conf から次の行を削除します。

    [homes]
        read only = no
  4. ディレクトリーとプリンターを共有します。詳細は、以下を参照してください。

  5. ローカルファイアウォールで Samba クライアントに必要なポートを開きます。

    [root@idm_client]# firewall-cmd --permanent --add-service=samba-client
    [root@idm_client]# firewall-cmd --reload
  6. smb サービスおよび winbind サービスを有効にして開始します。

    [root@idm_client]# systemctl enable --now smb winbind

検証手順

samba-client パッケージがインストールされている別の IdM ドメインメンバーで次の検証手順を実行します。

  • Kerberos 認証を使用して、Samba サーバー上の共有をリスト表示します。

    $ smbclient -L idm_client.idm.example.com -U user_name --use-kerberos=required
    lp_load_ex: changing to config backend registry
    
        Sharename       Type      Comment
        ---------       ----      -------
        example         Disk
        IPC$            IPC       IPC Service (Samba 4.15.2)
    ...

関連情報

  • ipa-client-samba(1) の man ページ

3.6.3. IdM が新しいドメインを信頼する場合は、ID マッピング設定を手動で追加

Samba では、ユーザーがリソースにアクセスする各ドメインの ID マッピング設定が必要です。IdM クライアントで実行している既存の Samba サーバーでは、管理者が Active Directory (AD) ドメインに新しい信頼を追加した後、ID マッピング設定を手動で追加する必要があります。

前提条件

  • IdM クライアントで Samba を設定している。その後、IdM に新しい信頼が追加されている。
  • Kerberos の暗号化タイプ DES および RC4 は、信頼できる AD ドメインで無効にしている。セキュリティー上の理由から、RHEL 8 はこのような弱い暗号化タイプに対応していません。

手順

  1. ホストのキータブを使用して認証します。

    [root@idm_client]# kinit -k
  2. ipa idrange-find コマンドを使用して、新しいドメインのベース ID と ID 範囲のサイズの両方を表示します。たとえば、次のコマンドは ad.example.com ドメインの値を表示します。

    [root@idm_client]# ipa idrange-find --name="AD.EXAMPLE.COM_id_range" --raw
    ---------------
    1 range matched
    ---------------
      cn: AD.EXAMPLE.COM_id_range
      ipabaseid: 1918400000
      ipaidrangesize: 200000
      ipabaserid: 0
      ipanttrusteddomainsid: S-1-5-21-968346183-862388825-1738313271
      iparangetype: ipa-ad-trust
    ----------------------------
    Number of entries returned 1
    ----------------------------

    次の手順で、ipabaseid 属性および ipaidrangesize 属性の値が必要です。

  3. 使用可能な最高の ID を計算するには、次の式を使用します。

    maximum_range = ipabaseid + ipaidrangesize - 1

    前の手順の値を使用すると、ad.example.com ドメインで使用可能な最大 ID は 1918599999 (1918400000 + 200000 - 1) です。

  4. /etc/samba/smb.conf ファイルを編集し、ドメインの ID マッピング設定を [global] セクションに追加します。

    idmap config AD : range = 1918400000 - 1918599999
    idmap config AD : backend = sss

    ipabaseid 属性の値を最小値として指定し、前の手順で計算された値を範囲の最大値として指定します。

  5. smb サービスおよび winbind サービスを再起動します。

    [root@idm_client]# systemctl restart smb winbind

検証手順

  • Kerberos 認証を使用して、Samba サーバー上の共有をリスト表示します。

    $ smbclient -L idm_client.idm.example.com -U user_name --use-kerberos=required
    lp_load_ex: changing to config backend registry
    
        Sharename       Type      Comment
        ---------       ----      -------
        example         Disk
        IPC$            IPC       IPC Service (Samba 4.15.2)
    ...

3.6.4. 関連情報