3.4. NFS が必要とするサービス

本セクションでは、NFS サーバーの実行または NFS 共有のマウントに必要なシステムサービスの一覧を紹介します。Red Hat Enterprise Linux は、このサービスを自動的に開始します。

Red Hat Enterprise Linux では、NFS ファイル共有を提供するのに、カーネルレベルのサポートとサービスのプロセスの組み合わせを使用します。NFS のすべてのバージョンは、クライアントとサーバーとの間の RPC (Remote Procedure Call) に依存します。NFS ファイルシステムの共有やマウントには、実装されている NFS のバージョンに応じて、次のようなサービスが連携して動作することになります。

nfsd
共有 NFS ファイルシステムに対する要求を処理する NFS サーバーです。
rpcbind
ローカルの RPC サービスからポート予約を受け取ります。その後、これらのポートは、対応するリモートの RPC サービスによりアクセス可能であることが公開されます。rpcbind サービスは、RPC サービスへの要求に応答し、要求された RPC サービスへの接続を設定します。このプロセスは NFSv4 では使用されません。
rpc.mountd
NFS サーバーは、このプロセスを使用して NFSv3 クライアントの MOUNT 要求を処理します。要求されている NFS 共有が現在 NFS サーバーによりエクスポートされているか、またその共有へのクライアントのアクセスが許可されているかを確認します。マウントの要求が許可されると、nfs-mountd サービスは Success ステータスで応答し、この NFS 共有用の File-Handle を NFS クライアントに戻します。
rpc.nfsd
このプロセスでは、サーバーが公開している明示的な NFS のバージョンとプロトコルを定義できます。NFS クライアントが接続するたびにサーバースレッドを提供するなど、NFS クライアントの動的な要求に対応するため、Linux カーネルと連携して動作します。このプロセスは、nfs-server サービスに対応します。
lockd
クライアントとサーバーの両方で実行するカーネルスレッドです。Network Lock Manager (NLM) プロトコルを実装し、NFSv3 のクライアントが、サーバーでファイルのロックを行えるようにします。NFS サーバーが実行中で、NFS ファイルシステムがマウントされていれば、このプロセスは常に自動的に起動します。
rpc.statd
このプロセスは、Network Status Monitor (NSM) RPC プロトコルを実装します。NFS サーバーが正常にシャットダウンされずに再起動すると、NFS クライアントに通知します。rpc-statd サービスは、nfs-server サービスにより自動的に起動されるため、ユーザー設定は必要ありません。このプロセスは NFSv4 では使用されません。
rpc.rquotad
このプロセスは、リモートユーザーのユーザークォーター情報を提供します。rpc-rquotad サービスは、nfs-server サービスにより自動的に起動するため、ユーザー設定は必要ありません。
rpc.idmapd

このプロセスは、ネットワークの NFSv4 の名前 (user@domain 形式の文字列) と、ローカルの UID および GID のマッピングを行う NFSv4 のクライアントおよびサーバーのアップコールを提供します。idmapd を NFSv4 で正常に動作させるには、/etc/idmapd.conf ファイルを設定する必要があります。少なくとも、NFSv4 マッピングドメインを定義する Domain パラメーターを指定する必要があります。NFSv4 マッピングドメインが DNS ドメイン名と同じ場合は、このパラメーターは必要ありません。クライアントとサーバーが ID マッピングの NFSv4 マッピングドメインに合意しないと、適切に動作しません。

rpc.idmapd を使用するのは NFSv4 サーバーだけで、nfs-idmapd サービスにより起動します。NFSv4 クライアントは、キーリングベースの nfsidmap ユーティリティーを使用します。これはカーネルによりオンデマンドで呼び出され、ID マッピングを実行します。nfsidmap に問題がある場合は、クライアントが rpc.idmapd の使用にフォールバックします。

NFSv4 を使用する RPC サービス

NFSv4 プロトコルには、マウントとロックのプロトコルが組み込まれています。サーバーは、既知の TCP ポート 2049 もリッスンします。そのため、NFSv4 は rpcbind サービス、lockd サービス、および rpc-statd サービスと対話する必要はありません。nfs-mountd サービスは、エクスポートを設定するために NFS サーバーで引き続き必要となりますが、ネットワーク上の操作には関与しません。

関連情報