Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.2.6.3. Mariabackup ユーティリティーを使用したデータの復元

バックアップが完了したら、mariabackup コマンドに以下のいずれかのオプションを使用して、バックアップからデータを復元できます。

  • --copy-back を使用すると、元のバックアップファイルを保持できます。
  • --move-back は、バックアップファイルをデータディレクトリーに移動し、元のバックアップファイルを削除します。

Mariabackup ユーティリティーを使用してデータを復元するには、以下の手順に従います。

前提条件

  • mariadb サービスが実行されていないことを確認します。

    # systemctl stop mariadb.service
  • データディレクトリーが空であることを確認します。
  • Mariabackup のユーザーは、RELOADLOCK TABLES、および REPLICATION CLIENT の権限が必要です。

手順

  1. mariabackup コマンドを実行します。

    • データを復元し、元のバックアップファイルを保持するには、--copy-back オプションを使用します。

      $ mariabackup --copy-back --target-dir=/var/mariadb/backup/
    • データを復元し、元のバックアップファイルを削除するには、--move-back オプションを使用します。

      $ mariabackup --move-back --target-dir=/var/mariadb/backup/
  2. ファイルの権限を修正します。

    データベースを復元するとき、Mariabackup は、バックアップのファイルおよびディレクトリーの権限を保持します。ただし、Mariabackup は、ユーザーおよびグループがデータベースを復元する際にファイルをディスクに書き込みます。バックアップの復元後、MariaDB サーバーのユーザーおよびグループ (通常は共に mysql) が一致するように、データディレクトリーの所有者の調整が必要になる場合があります。

    たとえば、ファイルの所有権を mysql ユーザーおよびグループに再帰的に変更するには、次のコマンドを実行します。

    # chown -R mysql:mysql /var/lib/mysql/
  3. mariadb サービスを起動します。

    # systemctl start mariadb.service