Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.20.8. smbpasswd ユーティリティーの使用

smbpasswd ユーティリティーは、ローカルの Samba データベースでユーザーアカウントおよびパスワードを管理します。

前提条件

  • samba-common-tools パッケージがインストールされている。

手順

  1. ユーザーとしてコマンドを実行すると、smbpasswd はコマンドを実行するユーザーの Samba パスワードを変更します。以下に例を示します。

    [user@server ~]$ smbpasswd
    New SMB password: password
    Retype new SMB password: password
  2. rootsmbpasswd を実行すると、たとえば以下のようにユーティリティーを使用できます。

    • 新しいユーザーを作成します。

      [root@server ~]# smbpasswd -a user_name
      New SMB password: password
      Retype new SMB password: password
      Added user user_name.
      注記

      Samba データベースにユーザーを追加する前に、ローカルのオペレーティングシステムにアカウントを作成する必要があります。基本的なシステム設定の設定の コマンドラインでの新規ユーザーの追加 セクションを参照してください。

    • Samba ユーザーを有効にします。

      [root@server ~]# smbpasswd -e user_name
      Enabled user user_name.
    • Samba ユーザーを無効にします。

      [root@server ~]# smbpasswd -x user_name
      Disabled user user_name
    • ユーザーを削除します。

      [root@server ~]# smbpasswd -x user_name
      Deleted user user_name.

関連情報

  • smbpasswd(8) man ページ