Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.20.3. net rpc share コマンドの使用

net rpc share コマンドは、ローカルまたはリモートの Samba または Windows サーバーの共有の一覧表示、追加、および削除を行う機能を提供します。

共有の一覧表示

SMB サーバーの共有を一覧表示するには、net rpc share list コマンドを使用します。必要に応じて、-S server_name パラメーターをコマンドに渡して、リモートサーバーの共有を一覧表示します。以下に例を示します。

# net rpc share list -U "DOMAIN\administrator" -S server_name
Enter DOMAIN\administrator's password:
IPC$
share_1
share_2
...
注記

/etc/samba/smb.conf ファイルのセクション内に browseable = no が設定されている Samba サーバーでホストされている共有は、出力には表示されません。

共有の追加

net rpc share add コマンドを使用すると、SMB サーバーに共有を追加できます。

たとえば、C:\example\ ディレクトリーを共有するリモートの Windows サーバーに、共有 example を追加するには、以下のコマンドを実行します。

# net rpc share add example="C:\example" -U "DOMAIN\administrator" -S server_name
注記

Windows のディレクトリー名を指定する際は、パスの末尾のバックスラッシュを省略する必要があります。

このコマンドを使用して Samba サーバーに共有を追加するには、以下を行います。

  • -U パラメーターで指定したユーザーは、出力先サーバーで SeDiskOperatorPrivilege 特権が付与されている必要があります。
  • 共有セクションを、/etc/samba/smb.conf ファイルに追加し、Samba を再読み込みするスクリプトを記述する必要があります。スクリプトは、/etc/samba/smb.conf[global] セクションの add share command パラメーターで設定する必要があります。詳細は、man ページの smb.conf(5)add share コマンド の説明を参照してください。
共有の削除

net rpc share delete コマンドを使用すると、SMB サーバーから共有を削除できます。

たとえば、example という名前の共有を、リモートの Windows サーバーから削除するには、以下のコマンドを実行します。

# net rpc share delete example -U "DOMAIN\administrator" -S server_name

このコマンドを使用して Samba サーバーから共有を削除するには、以下のコマンドを実行します。

  • -U パラメーターで指定したユーザーは、SeDiskOperatorPrivilege 特権が付与されている必要があります。
  • /etc/samba/smb.conf ファイルから共有のセクションを削除し、Samba を再読み込みするスクリプトを記述する必要があります。スクリプトは、/etc/samba/smb.conf[global] セクションの delete share command パラメーターで設定する必要があります。詳細は、man ページの smb.conf(5)delete share コマンド の説明を参照してください。