Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.4.6. autorid ID マッピングバックエンドの使用

本セクションでは、Samba ドメインメンバーを設定して、autorid ID マッピングバックエンドを使用する方法を説明します。

autorid バックエンドは、rid ID マッピングバックエンドと同様の動作をしますが、異なるドメインに対して自動的に ID を割り当てることができます。これにより、以下の状況で autorid バックエンドを使用できます。

  • * デフォルトドメインのみ
  • * デフォルトドメインと追加のドメインでは、追加のドメインごとに ID マッピング設定を作成する必要はありません。
  • 特定のドメインのみ
注記

デフォルトドメインに autorid を使用する場合は、ドメイン用の ID マッピング設定を追加するかどうかは任意です。

このセクションの一部は、Samba Wiki に公開されているドキュメント idmap config autorid に掲載されています。ライセンスは、CC BY 4.0 にあります。著者および貢献者は、Wiki ページの history タブを参照してください。

autorid バックエンドを使用した利点

  • 設定された範囲内に計算した UID と GID があるすべてのドメインユーザーおよびグループは、ドメインメンバーで自動的に利用可能になります。
  • ID、ホームディレクトリー、およびログインシェルを手動で割り当てる必要はありません。
  • 複数ドメイン環境内の複数のオブジェクトが同じ RID を持つ場合でも、重複する ID はありません。

短所

  • Samba ドメインメンバー間では、ユーザー ID とグループ ID は同じではありません。
  • すべてのドメインユーザーは、割り当てられた同じログインシェルとホームディレクトリーを取得します。ただし、変数を使用できます。
  • ドメインメンバーで個々のユーザーまたはグループを除外して、利用できないようにすることはできません。計算された UID または GID が、設定された範囲外にあるユーザーとグループのみが除外されます。

前提条件

  • Samba をインストールしている。
  • ID マッピングを除く Samba 設定が /etc/samba/smb.conf ファイルにある。

手順

  1. /etc/samba/smb.conf ファイルの [global] セクションを編集します。

    1. * デフォルトドメインの autorid ID マッピングバックエンドを有効にします。

      idmap config * : backend = autorid
    2. 既存および将来の全オブジェクトに ID を割り当てられる大きさの範囲を設定します。以下に例を示します。

      idmap config * : range = 10000-999999

      Samba は、このドメインで計算した ID が範囲内にないユーザーおよびグループを無視します。

      警告

      範囲を設定し、Samba がそれを使用して開始してからは、範囲の上限を小さくすることはできません。範囲にその他の変更を加えると、新しい ID 割り当てが発生し、ファイルの所有権が失われる可能性があります。

    3. 必要に応じて、範囲サイズを設定します。以下に例を示します。

      idmap config * : rangesize = 200000

      Samba は、idmap config * : range パラメーターに設定されている範囲からすべての ID を取得するまで、各ドメインのオブジェクトにこの数の連続 ID を割り当てます。

      注記

      rangesize を設定する場合は、適宜範囲を調整する必要があります。この範囲は rangesize の倍数である必要があります。

    4. すべてのマッピングユーザーに割り当てられるシェルおよびホームディレクトリーのパスを設定します。以下に例を示します。

      template shell = /bin/bash
      template homedir = /home/%U
    5. 必要に応じて、ドメイン用の ID マッピング設定を追加します。個別のドメインの設定が利用できない場合、Samba は以前に設定した * デフォルトドメインの autorid バックエンド設定を使用して ID を計算します。

      重要

      この範囲は、このサーバーの他のドメイン設定と重複させることはできません。また、この範囲には、今後割り当てられる ID がすべて収まる大きさを設定する必要があります。詳細は、Samba ID 範囲の計画 を参照してください。

  2. /etc/samba/smb.conf ファイルを検証します。

    # testparm
  3. Samba 設定を再読み込みします。

    # smbcontrol all reload-config

関連情報

  • idmap_autorid(8) man ページの THE MAPPING FORMULAS セクション
  • idmap_autorid(8) man ページの rangesize パラメーターの説明
  • smb.conf(5) man ページの VARIABLE SUBSTITUTIONS セクション