Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.6.4. BIND ゾーンファイルの更新

サーバーの IP アドレスが変更された場合など、特定の状況では、ゾーンファイルを更新する必要があります。複数の DNS サーバーが 1 つのゾーンを担ってる場合は、この手順をプライマリーサーバーでのみ実行してください。ゾーンのコピーを保存する他の DNS サーバーは、ゾーン転送を通じて更新を受け取ります。

前提条件

  • ゾーンが設定されました。
  • named または named-chroot サービスが実行しています。

手順

  1. オプション: /etc/named.conf ファイル内のゾーンファイルへのパスを特定します。

    options {
        ...
        directory       "/var/named";
    }
    
    zone "example.com" {
        ...
        file "example.com.zone";
    };

    ゾーンの定義の file ステートメントで、ゾーンファイルへのパスを見つけます。相対パスは、options ステートメントの directory に設定されたディレクトリーからの相対パスです。

  2. ゾーンファイルを編集します。

    1. 必要な変更を行います。
    2. SOA (Start of Authority) レコードのシリアル番号を増やします。

      重要

      シリアル番号が以前の値以下の場合、セカンダリーサーバーはゾーンのコピーを更新しません。

  3. ゾーンファイルの構文を確認します。

    # named-checkzone example.com /var/named/example.com.zone
    zone example.com/IN: loaded serial 2022062802
    OK
  4. BIND をリロードします。

    # systemctl reload named

    change-root 環境で BIND を実行する場合は、systemctl reload named-chroot コマンドを使用してサービスをリロードします。

検証

  • 追加、変更、または削除したレコードを照会します。たとえば、次のようになります。

    # dig +short @localhost A ns2.example.com
    192.0.2.2

    この例では、BIND が同じホストで実行し、localhost インターフェイスでクエリーに応答することを前提としています。