Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.18.2. 大量のファイルを含むディレクトリーとの共有の調整

Linux は、大文字と小文字を区別するファイル名に対応しています。このため、Samba はファイルの検索時またはアクセス時に、大文字と小文字のファイル名のディレクトリーをスキャンする必要があります。小文字または大文字のいずれかでのみ新しいファイルを作成するように共有を設定すると、パフォーマンスが向上します。

前提条件

  • Samba が、ファイルサーバーとして設定されている。

手順

  1. 共有の全ファイルの名前を小文字に変更します。

    注記

    この手順の設定を使用すると、小文字以外の名前が付けられたファイルは表示されなくなります。

  2. 共有のセクションに、以下のパラメーターを設定します。

    case sensitive = true
    default case = lower
    preserve case = no
    short preserve case = no

    パラメーターの詳細は、man ページの smb.conf(5) を参照してください。

  3. /etc/samba/smb.conf ファイルを検証します。

    # testparm
  4. Samba 設定を再読み込みします。

    # smbcontrol all reload-config

この設定が適用されと、この共有に新たに作成されるすべてのファイルの名前が小文字になります。この設定により、Samba はディレクトリーを大文字と小文字で分けたスキャンが不要になり、パフォーマンスが向上します。