Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.7.2. POSIX ACL を使用する Samba 共有での標準的な Linux ACL の設定

Linux の標準 ACL は、所有者、グループ、その他の未定義ユーザーの権限の設定に対応します。ユーティリティーの chownchgrp、および chmod を使用して ACL を更新できます。正確な制御が必要な場合は、より複雑な POSIX ACL を使用します。以下を参照してください。

Setting extended ACLs on a Samba share that uses POSIX ACLs.

以下の手順では、/srv/samba/example/ ディレクトリーの所有者を root ユーザーに設定し、Domain Users グループに読み取りおよび書き込みの権限を付与して、他のすべてのユーザーのアクセスを拒否します。

前提条件

  • ACL を設定する Samba 共有がある。

手順

# chown root:"Domain Users" /srv/samba/example/
# chmod 2770 /srv/samba/example/

注記

ディレクトリーで set-group-ID (SGID) ビットを有効にすると、新しいディレクトリーエントリーを作成したユーザーのプライマリーグループに設定する通常の動作の代わりに、すべての新しいファイルとサブディレクトリーのデフォルトグループが、そのディレクトリーグループのデフォルトグループに自動的に設定されます。

関連情報

  • chown(1) および chmod(1) の man ページ