Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.9.2. Windows ACL サポートの有効化

Windows ACL に対応する共有を設定するには、Samba でこの機能を有効にする必要があります。

前提条件

  • ユーザー共有が Samba サーバーに設定されている。

手順

  1. すべての共有に対してグローバルに有効にするには、次の設定を /etc/samba/smb.conf ファイルの [global] セクションに追加します。

    vfs objects = acl_xattr
    map acl inherit = yes
    store dos attributes = yes

    または、共有のセクションに同じパラメーターを追加して、個別の共有に対して Windows ACL サポートを有効にできます。

  2. smb サービスを再起動します。

    # systemctl restart smb