Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.10.2. smbcacls を使用した ACL の表示

SMB 共有で ACL を表示するには、smbcacls ユーティリティーを使用します。--add などの操作パラメーターを付けずに smbcacls を実行すると、ユーティリティーは、ファイルシステムオブジェクトの ACL を表示します。

手順

たとえば、//server/example 共有のルートディレクトリーの ACL を一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

# smbcacls //server/example / -U "DOMAIN\administrator"
Enter DOMAIN\administrator's password:
REVISION:1
CONTROL:SR|PD|DI|DP
OWNER:AD\Administrators
GROUP:AD\Domain Users
ACL:AD\Administrator:ALLOWED/OI|CI/FULL
ACL:AD\Domain Users:ALLOWED/OI|CI/CHANGE
ACL:AD\Domain Guests:ALLOWED/OI|CI/0x00100021

コマンドの出力は以下のようになります。

  • REVISION - セキュリティー記述子の内部 Windows NT ACL リビジョン
  • CONTROL - セキュリティー記述子の制御
  • OWNER - セキュリティー記述子の所有者の名前または SID
  • GROUP - セキュリティー記述子のグループの名前または SID
  • ACL エントリー。詳細は、アクセス制御エントリー を参照してください。