Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.16.4. クライアントが Samba プリントサーバーを信頼できるようにする GPO の作成

セキュリティー上の理由から、最新の Windows オペレーティングシステムでは、クライアントが、信頼できないサーバーから、パッケージ対応ではないプリンタードライバーをダウンロードできないようにします。プリントサーバーが AD のメンバーである場合は、Samba サーバーを信頼するために、ドメインに Group Policy Object (GPO) を作成できます。

前提条件

  • Samba プリントサーバーが、AD ドメインのメンバーである。
  • GPO の作成に使用する Windows コンピューターに、RSAT (Windows Remote Server Administration Tools) がインストールされている。詳細は、Windows のドキュメントを参照してください。

手順

  1. AD ドメインの 管理者 ユーザーなど、グループポリシーの編集が可能なアカウントを使用して、Windows コンピューターにログインします。
  2. Group Policy Management Console を開きます。
  3. AD ドメインを右クリックし、Create a GPO in this domain, and Link it here を選択します。

    Samba で GPO の新規作成
  4. Legacy Printer Driver Policy などの GPO の名前を入力して、OK をクリックします。新しい GPO がドメインエントリーの下に表示されます。
  5. 新たに作成した GPO を右クリックして Edit を選択し、Group Policy Management Editor を開きます。
  6. Computer ConfigurationPoliciesAdministrative TemplatesPrinters の順にクリックします。

    Samba でプリンターの GPO グループの選択
  7. ウィンドウの右側で、Point and Print Restriction をダブルクリックして、ポリシーを編集します。

    1. ポリシーを有効にし、以下のオプションを設定します。

      1. Users can only point and print to these servers を選択し、このオプションの横にあるフィールドに、Samba プリントサーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。
      2. Security Prompts の両チェックボックスで、Do not show warning or elevation prompt を選択します。

        Samba GPO のポイントおよび印刷
    2. OK をクリックします。
  8. Package Point and Print - Approved servers をダブルクリックして、ポリシーを編集します。

    1. ポリシーを有効にして、Show ボタンをクリックします。
    2. Samba プリントサーバーの FQDN を入力します。

      Samba GPO で承認されたサーバー
    3. OK をクリックして、Show Contents ウィンドウとポリシーのプロパティーウィンドウの両方を閉じます。
  9. Group Policy Management Editor を閉じます。
  10. Group Policy Management Console を閉じます。

Windows ドメインメンバーがこのグループポリシーを適用すると、ユーザーがプリンターに接続する際に、プリンタードライバーが Samba サーバーから自動的にダウンロードされます。

関連情報

  • グループポリシーの使用については、Windows のドキュメントを参照してください。