Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.4.3. Postfix が SASL を使用する設定

Postfix は Simple Authentication and Security Layer (SASL) ベースの SMTP 認証 (AUTH) をサポートしています。SMTP AUTH は Simple Mail Transfer Protocol の拡張です。現在、Postfix SMTP サーバーは次の方法で SASL 実装をサポートしています:

Dovecot SASL
Postfix SMTP サーバーは、UNIX ドメインソケットまたは TCP ソケットのいずれかを使用して、Dovecot SASL 実装と通信できます。Postfix と Dovecot アプリケーションが別のマシンで実行している場合は、この方法を使用します。
Cyrus SASL
有効にすると、SMTP クライアントは、サーバーとクライアントの両方でサポートおよび受け入れられる認証方法を使用して、SMTP サーバーで認証する必要があります。

前提条件

  • dovecot パッケージがシステムにインストールされている

手順

  1. Dovecot をセットアップします。

    1. /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf ファイルに次の行を含めます。

      service auth {
        unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
          mode = 0660
          user = postfix
          group = postfix
        }
      }

      前の例では、Postfix と Dovecot の間の通信に UNIX ドメインソケットを使用しています。また、/var/spool/postfix/ ディレクトリーにあるメールキュー、および postfix ユーザーとグループの下で実行しているアプリケーションを含む Postfix SMTP サーバーのデフォルト設定を想定しています。

    2. オプション: TCP 経由で Postfix 認証リクエストをリッスンするように Dovecot をセットアップします。

      service auth {
        inet_listener {
            port = port-number
        }
      }
    3. /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf ファイルの auth_mechanisms パラメーターを編集して、電子メールクライアントが Dovecot での認証に使用する方法を指定します。

      auth_mechanisms = plain login

      auth_mechanisms パラメーターは、さまざまなプレーンテキストおよび非プレーンテキストの認証方法をサポートしています。

  2. /etc/postfix/main.cf ファイルを変更して Postfix をセットアップします。

    1. Postfix SMTP サーバーで SMTP 認証を有効にします。

      smtpd_sasl_auth_enable = yes
    2. SMTP 認証用の Dovecot SASL 実装の使用を有効にします。

      smtpd_sasl_type = dovecot
    3. Postfix キューディレクトリーに相対的な認証パスを指定します。相対パスを使用すると、Postfix サーバーが chroot で実行しているかどうかに関係なく、設定が確実に機能することに注意してください。

      smtpd_sasl_path = private/auth

      この手順では、Postfix と Dovecot の間の通信に UNIX ドメインソケットを使用します。

      通信に TCP ソケットを使用する場合に、別のマシンで Dovecot を探すように Postfix を設定するには、次のような設定値を使用します。

      smtpd_sasl_path = inet: ip-address : port-number

      前の例で、ip-address を Dovecot マシンの IP アドレスに置き換え、port-number を Dovecot の /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf ファイルで指定されたポート番号に置き換えます。

    4. Postfix SMTP サーバーがクライアントに提供する SASL メカニズムを指定します。暗号化されたセッションと暗号化されていないセッションに異なるメカニズムを指定できることに注意してください。

      smtpd_sasl_security_options = noanonymous, noplaintext
      smtpd_sasl_tls_security_options = noanonymous

      前のディレクティブは、暗号化されていないセッションでは匿名認証が許可されず、暗号化されていないユーザー名またはパスワードを送信するメカニズムが許可されていないことを指定しています。暗号化セッション (TLS を使用) の場合、非匿名認証メカニズムのみが許可されます。