Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.8.2. ホストベースの共有アクセスの設定

ホストベースのアクセス制御により、クライアントのホスト名、IP アドレス、または IP 範囲に基づいて、共有へのアクセスを許可または拒否できます。

以下の手順では、IP アドレスの 127.0.0.1、IP 範囲の 192.0.2.0/24、およびホストの client1.example.com を有効にして共有にアクセスする方法と、client2.example.com ホストへのアクセスを拒否する方法を説明します。

前提条件

  • ホストベースのアクセスを設定する Samba 共有がある。

手順

  1. 以下のパラメーターを、/etc/samba/smb.conf ファイルの共有の設定に追加します。

    hosts allow = 127.0.0.1 192.0.2.0/24 client1.example.com
    hosts deny = client2.example.com

    hosts deny パラメーターは、hosts allow よりも優先順位が高くなります。たとえば、client1.example.comhosts allow パラメーターに一覧表示されている IP アドレスに解決すると、このホストへのアクセスは拒否されます。

  2. Samba 設定を再読み込みします。

    # smbcontrol all reload-config

関連情報

  • smb.conf(5) man ページ