Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.10.4. smbcacls を使用した ACL の追加、更新、および削除

smbcacls ユーティリティーに渡すパラメーターに応じて、ファイルまたはディレクトリーから ACL を追加、更新、および削除できます。

ACL の追加

このフォルダー、サブフォルダー、およびファイルCHANGE 権限を AD\Domain Users グループに付与する //server/example 共有のルートに ACL を追加するには、以下のコマンドを実行します。

# smbcacls //server/example / -U "DOMAIN\administrator --add ACL:"AD\Domain Users":ALLOWED/OI|CI/CHANGE
ACL の更新

ACL の更新は、新しい ACL の追加に似ています。ACL を更新する場合は、--modify パラメーターと既存のセキュリティープリンシパルを使用して ACL を上書きします。smbcacls が ACL 一覧内でセキュリティープリンシパルを検出すると、ユーティリティーは権限を更新します。これを行わないと、以下のエラーでコマンドが失敗します。

ACL for SID principal_name not found

たとえば、AD\Domain Users グループの権限を更新し、このフォルダー、サブフォルダー、およびファイルREAD に設定するには、以下のコマンドを実行します。

# smbcacls //server/example / -U "DOMAIN\administrator --modify ACL:"AD\Domain Users":ALLOWED/OI|CI/READ
ACL の削除

ACL を削除するには、正確な ACL を持つ --delete パラメーターを smbcacls ユーティリティーに渡します。以下に例を示します。

# smbcacls //server/example / -U "DOMAIN\administrator --delete ACL:"AD\Domain Users":ALLOWED/OI|CI/READ