3.7. NFS および rpcbind

本セクションでは、NFSv3 で必要とされる rpcbind サービスの目的を説明します。

rpcbind サービスは、RPC (Remote Procedure Call) サービスを、そのサービスがリッスンするポートにマッピングします。RPC のプロセスが開始すると、その開始が rpcbind に通知され、そのプロセスがリッスンしているポートと、そのプロセスが処理することが予想される RPC プログラム番号が登録されます。クライアントシステムは、特定の RPC プログラム番号でサーバーの rpcbind と通信します。rpcbind サービスは、クライアントを適切なポート番号にリダイレクトし、要求されたサービスと通信できるようにします。

RPC ベースのサービスは、rpcbind を使用して、クライアントの受信要求で接続を確立します。したがって、RPC ベースのサービスが起動する前に、rpcbind を利用可能な状態にする必要があります。

rpcbind のアクセス制御ルールは、すべての RPC ベースのサービスに影響します。あるいは、NFS RPC デーモンごとにアクセス制御ルールを指定することもできます。

関連情報

  • アクセス制御ルールの正確な構文は、man ページの rpc.mountd(8)rpc.statd(8) を参照してください。