Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.2.7. MariaDB 10.3 への移行

RHEL 7 には、MySQL データベースファミリーからのサーバーのデフォルトの実装として、MariaDB 5.5 が同梱されています。新しいバージョンの MariaDB データベースサーバーは、RHEL 7 の Software Collections として利用できます。RHEL 8 は、MariaDB 10.3MariaDB 10.5、および MySQL 8.0 を提供します。

ここでは、MariaDB の RHEL 7 または Red Hat Software Collections バージョンから MariaDB 10.3 への移行を説明します。RHEL 8 内で MariaDB 10.3 から MariaDB 10.5 へ移行する場合は、MariaDB 10.3 から MariaDB 10.5 へのアップグレード を参照してください。

9.2.7.1. RHEL 7 と RHEL 8 のバージョンにおける MariaDB の主な相違点

MariaDB 5.5 および MariaDB 10.3 における最も重要な変更点を以下に示します。

  • 10.1 以降、同期マルチソースクラスターのMariaDB Galera クラスター は、MariaDB の標準部分です。
  • ARCHIVE ストレージエンジンはデフォルトで有効ではなくなるため、プラグインを明示的に有効にする必要があります。
  • BLACKHOLE ストレージエンジンはデフォルトで有効ではなくなるため、プラグインを明示的に有効にする必要があります。
  • InnoDB は、MariaDB 10.1 以前のバージョンで使用されていた XtraDB ではなく、デフォルトのストレージエンジンとして使用されます。

    詳細は、Why does MariaDB 10.2 use InnoDB instead of XtraDB? を参照してください。

  • 新しい mariadb-connector-c パッケージは、MySQL と MariaDB に共通のクライアントライブラリーを提供します。このライブラリーは、データベースサーバー MySQL および MariaDB のすべてのバージョンで使用できます。その結果、Red Hat Enterprise Linux 8 に同梱される MySQL サーバーまたは MariaDB サーバーのいずれかに構築されるアプリケーションの 1 つに接続できます。

MariaDB 5.5 から MariaDB 10.3 に移行するには、MariaDB への移行 の説明に従って複数の設定変更を実行する必要があります。