Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.2.2. MariaDB のインストール

RHEL 8 では、MariaDB サーバーは、それぞれ個別のストリームにより提供される以下のバージョンで利用できます。

  • MariaDB 10.3
  • MariaDB 10.5 - RHEL 8.4 以降で利用できます。

MariaDB をインストールするには、以下の手順を行います。

手順

  1. mariadb モジュールからストリーム (バージョン) を選択し、server プロファイルを指定して MariaDB サーバーパッケージをインストールします。以下に例を示します。

    # yum module install mariadb:10.3/server
  2. mariadb サービスを起動します。

    # systemctl start mariadb.service
  3. mariadb サービスが、システムの起動時に起動するようにします。

    # systemctl enable mariadb.service
  4. MariaDB 10.3 に推奨: MariaDB をインストールする際のセキュリティーを向上させるには、次のコマンドを実行します。

    $ mysql_secure_installation

    このコマンドは、完全にインタラクティブなスクリプトを起動して、プロセスの各ステップのプロンプトを表示します。このスクリプトを使用すると、次の方法でセキュリティーを改善できます。

    • root アカウントのパスワードの設定
    • 匿名ユーザーの削除
    • リモート root ログインの拒否 (ローカルホスト外)

      注記

      mysql_secure_installation スクリプトは、MariaDB 10.5 以降では価値がなくなりました。セキュリティーの強化は、MariaDB 10.5 以降のデフォルトの動作の一部です。

重要

RPM パッケージが競合しているため、RHEL 8 では MariaDB および MySQL データベースサーバーを同時にインストールすることはできません。RHEL 7 用の Red Hat Software Collections では、コンポーネントの同時インストールが可能です。RHEL 8 では、コンテナー内で異なるバージョンのデータベースサーバーを使用できます。