Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.4. エクスポートされたファイルシステムのファイル権限

エクスポートされたファイルシステムのファイルアクセス許可により、NFS 経由でファイルとディレクトリーにアクセスするクライアントのファイルとディレクトリーへのアクセス権が決まります。

NFS ファイルシステムがリモートホストによってマウントされると、各共有ファイルが保護されるのはそのファイルシステムのアクセス許可だけになります。同じユーザー ID (UID) 値を共有する 2 人のユーザーが同じ NFS ファイルシステムを異なるクライアントシステムにマウントする場合、互いのファイルを変更できます。

NFS は、クライアント上の root ユーザーをサーバー上の root ユーザーと同等に扱います。ただし、デフォルトでは、NFS サーバーは、NFS 共有にアクセスするときに root をnobody アカウントにマップします。root_squash オプションはこの動作を制御します。

関連情報

  • exports(5) man ページ