Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.9. NFS サーバーでのクォータサポートの有効化

ユーザーまたはグループが保存できるデータの量を制限したい場合は、ファイルシステムにクォータを設定できます。NFS サーバーでは、rpc-rquotad サービスにより、クォータが NFS クライアント上のユーザーにも適用されるようになります。

前提条件

  • NFS サーバーが実行され、設定されています。
  • クォータは ext または XFS ファイルシステムに設定されています。

手順

  1. エクスポートするディレクトリーでクォータが有効になっていることを確認します。

    • 外部ファイルシステムの場合は、次のように入力します。

      # quotaon -p /nfs/projects/
      group quota on /nfs/projects (/dev/sdb1) is on
      user quota on /nfs/projects (/dev/sdb1) is on
      project quota on /nfs/projects (/dev/sdb1) is off
    • XFS ファイルシステムの場合は、次のように入力します。

      # findmnt /nfs/projects
      TARGET    	SOURCE	FSTYPE OPTIONS
      /nfs/projects /dev/sdb1 xfs	rw,relatime,seclabel,attr2,inode64,logbufs=8,logbsize=32k,usrquota,grpquota
  2. クォータ -rpc パッケージをインストールします。

    # dnf install rpc-quotad
  3. オプション: デフォルトでは、クォータ RPC サービスはポート 875 で実行されます。サービスを別のポートで実行する場合は、/etc/sysconfig/rpc-rquotad ファイルの RPCRQUOTADOPTS 変数に -p <port_number> を追加します。

    RPCRQUOTADOPTS="-p __<port_number>__"
  4. オプション: デフォルトでは、リモートホストはクォータの読み取りのみが可能です。クライアントがクォータを設定できるようにするには、/etc/sysconfig/rpc-rquotad ファイルの RPCRQUOTADOPTS 変数に -S オプションを追加します。

    RPCRQUOTADOPTS="-S"
  5. firewalld でポートを開きます。

    # firewall-cmd --permanent --add-port=875/udp
    # firewall-cmd --reload
  6. rpc-quotad サービスを有効にして開始します。

    # systemctl enable --now rpc-rquotad

検証

  1. クライアント上:

    1. エクスポートされた共有をマウントします。

      # mount server.example.com:/nfs/projects/ /mnt/
    2. クォータを表示します。コマンドは、エクスポートされたディレクトリーのファイルシステムによって異なります。以下に例を示します。

      • マウントされているすべての ext ファイルシステム上の特定のユーザーのクォータを表示するには、次のように入力します。

        # quota -u <user_name>
        Disk quotas for user demo (uid 1000):
             Filesystem     space     quota     limit     grace     files     quota      limit     grace
        server.example.com:/nfs/projects
                     0K       100M      200M                  0         0         0
      • XFS ファイルシステム上のユーザーとグループのクォータを表示するには、次のように入力します。

        # xfs_quota -x -c "report -h" /mnt/
        User quota on /nfs/projects (/dev/vdb1)
                    Blocks
        User ID     Used     Soft     Hard     Warn/Grace
        ---------- ---------------------------------
        root        0        0        0        00 [------]
        demo        0        100M     200M     00 [------]

関連情報

  • クォータ (1) マンページ
  • xfs_quota(8) man page