Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.5. プリンターがドライバーレス印刷をサポートしているかどうかの確認

CUPS はドライバーレス印刷をサポートしています。つまり、ハードウェア固有のソフトウェアをプリンターに提供しなくても印刷できます。ドライバーレス印刷を使用するには、プリンターからクライアントにその機能を通知し、次のいずれかの標準をプリンターで使用する必要があります。

  • AirPrint™
  • IPP Everywhere™
  • Mopria®
  • Wi-Fi Direct Print Services

ipptool ユーティリティーを使用すると、プリンターがドライバーレス印刷をサポートしているかどうかを確認できます。

前提条件

  • プリンターまたはリモートプリントサーバーが、インターネット印刷プロトコル (IPP) をサポートしている。
  • ホストが、プリンターまたはリモートプリントサーバーの IPP ポートに接続できる。デフォルトの IPP ポートは 631 です。

手順

  • ipp-versions-supported 属性と document-format-supported 属性を照会し、get-printer-attributes テストに合格することを確認します。

    • リモートプリンターの場合は、次のように入力します。

      # ipptool -tv ipp://<ip_address_or_hostname>:631/ipp/print get-printer-attributes.test | grep -E "ipp-versions-supported|document-format-supported|get-printer-attributes"
      Get printer attributes using get-printer-attributes      [PASS]
          ipp-versions-supported (1setOf keyword) = ...
          document-format-supported (1setOf mimeMediaType) = ...
    • リモートプリントサーバー上のキューの場合は、次のように入力します。

      # ipptool -tv ipp://<ip_address_or_hostname>:631/printers/<queue_name> get-printer-attributes.test | grep -E "ipp-versions-supported|document-format-supported|get-printer-attributes"
      Get printer attributes using get-printer-attributes      [PASS]
          ipp-versions-supported (1setOf keyword) = ...
          document-format-supported (1setOf mimeMediaType) = ...

    ドライバーレス印刷が機能することを確認するには、出力で次のことを確認します。

    • get-printer-attributes テストが PASS を返す。
    • プリンターがサポートする IPP バージョンが 2.0 以降である。
    • 形式のリストに次のいずれかが含まれている。

      • application/pdf
      • image/urf
      • image/pwg-raster
    • カラープリンターの場合、前述の形式のいずれかに加えて、image/jpeg が出力に含まれている。