Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.4. HTTP トラフィックのリバースプロキシーとしての NGINX の設定

NGINX Web サーバーは、HTTP トラフィックのリバースプロキシーとして機能するように設定できます。たとえば、この機能を使用すると、リモートサーバーの特定のサブディレクトリーに要求を転送できます。クライアント側からは、クライアントはアクセス先のホストからコンテンツを読み込みます。ただし、NGINX は実際のコンテンツをリモートサーバーから読み込み、クライアントに転送します。

この手順では、Web サーバーの /example ディレクトリーへのトラフィックを、URL https://example.com に転送する方法を説明します。

前提条件

  • NGINX がインストールされている
  • 必要に応じて、TLS 暗号化がリバースプロキシーで有効になっている。

手順

  1. /etc/nginx/nginx.conf ファイルを編集し、リバースプロキシーを提供する server ブロックに以下の設定を追加します。

    location /example {
        proxy_pass https://example.com;
    }

    location ブロックでは、NGINX が /example ディレクトリー内の全要求を https://example.com に渡すことを定義します。

  2. SELinux ブール値パラメーター httpd_can_network_connect1 に設定して、SELinux が NGINX がトラフィックを転送できるように設定します。

    # setsebool -P httpd_can_network_connect 1
  3. nginx サービスを再起動します。

    # systemctl restart nginx

検証手順

  • ブラウザーを使用して http://host_name/example に接続すると、https://example.com の内容が表示されます。