Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.2.7.3. MariaDB Galera クラスターのデプロイメント

前提条件

  • mariadb モジュールからストリーム (バージョン) を選択し、galera プロファイルを指定して、MariaDB Galera クラスター パッケージをインストールします。以下に例を示します。

    # yum module install mariadb:10.3/galera

    これにより、以下のパッケージがインストールされます。

  • MariaDB サーバーのレプリケーション設定は、システムを初めてクラスターに追加する前に更新する必要があります。

    デフォルト設定は、/etc/my.cnf.d/galera.cnf ファイルで配布されます。

    MariaDB Galera クラスター をデプロイする前に、以下の文字列で開始するように、すべてのノードの /etc/my.cnf.d/galera.cnf ファイルに wsrep_cluster_address オプションを設定します。

    gcomm://
    • 初期ノードでは、wsrep_cluster_address を空のリストとして設定できます。

      wsrep_cluster_address="gcomm://"
    • その他のすべてのノードに wsrep_cluster_address を設定して、実行中のクラスターに属するノードへのアドレスを追加します。以下に例を示します。

      wsrep_cluster_address="gcomm://10.0.0.10"

      Galera Cluster アドレスの設定方法は、「Galera Cluster Address」を参照してください。

手順

  1. ノードで以下のラッパーを実行して、新規クラスターの最初のノードをブートストラップします。

    # galera_new_cluster

    このラッパーにより、MariaDB サーバーデーモン (mysqld) に --wsrep-new-cluster オプションが指定されて実行されるようになります。このオプションは、接続する既存クラスターがないという情報を提供します。したがって、ノードは新規 UUID を作成し、新しいクラスターを特定します。

    注記

    mariadb サービスは、複数の MariaDB サーバープロセスと対話する systemd メソッドをサポートします。したがって、複数の MariaDB サーバーを実行している場合は、インスタンス名を接尾辞として指定して、特定のインスタンスをブートストラップできます。

    # galera_new_cluster mariadb@node1
  2. 各ノードで次のコマンドを実行して、その他のノードをクラスターに接続します。

    # systemctl start mariadb

    その結果、ノードはクラスターに接続し、それ自体をクラスターの状態と同期します。

関連情報