Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.5.3. cups-browsed を使用した永続的な出力キューの設定

管理者は、cups-filters パッケージの cups-browsed サービスを使用して、リモート出力サーバーのキューを参照できます。cups-browsed サービスは、これらのリモートキューを指すローカルキューを作成します。出力キューは、物理デバイスへの接続を表すプリンターの抽象概念です。

15.5.3.1. 別のネットワーク内のリモートプリントサーバーにインストールされているプリンターの永続出力キューの設定

リモートサーバーから CUPS キューをローカルにインストールするには、リモート CUPS サーバーを指す永続キューが必要なマシンで cups-browsed サービスの設定を編集します。

前提条件

  • 別のネットワークにあるプリンターがリモートサーバーにインストールされている。
  • サーバーのファイアウォールで IPP ポートが有効になっている。
  • サーバーは、cups-browsed が実行されるマシンからのリモートアクセス用に設定され、サーバーにキューを要求する。

手順

  1. /etc/cups/cups-browsed.conf ファイルを編集し、指定されたサーバーのホスト名または IP アドレスを BrowsePoll ディレクティブに追加します。

    BrowsePoll <hostname or IP-address>
  2. cups-browsed サービスを再起動して、変更を適用します。

    # systemctl restart cups-browsed

検証手順

  • ローカル出力キューを含むローカルプリンターの一覧を表示します。

    $ lpstat -v
    Device for <remote_queue_name>: implicitclass:<remote_queue_name>
    注記

    リモートサーバーに含まれるキューの数によっては、プリンターがローカルプリンターリストに表示されるまでに数分かかる場合があります。