1.5. Apache 名前ベースの仮想ホストの設定

名前ベースの仮想ホストを使用すると、サーバーの IP アドレスに対して解決するドメイン別に、Apache が異なるコンテンツを提供できるようにします。

本セクションの手順では、ドキュメントルートディレクトリーが異なる example.com ドメインおよび example.net ドメインの両方に、仮想ホストを設定する方法を説明します。どちらの仮想ホストも静的 HTML コンテンツに対応します。

前提条件

  • クライアントおよび Web サーバーは、example.com および example.net ドメインを Web サーバーの IP アドレスに解決します。

    これらのエントリーは DNS サーバーに手動で追加する必要がある点に注意してください。

手順

  1. httpd パッケージをインストールします。

    # yum install httpd
  2. /etc/httpd/conf/httpd.conf ファイルを編集します。

    1. example.com ドメイン向けに以下の仮想ホスト設定を追加します。

      <VirtualHost *:80>
          DocumentRoot "/var/www/example.com/"
          ServerName example.com
          CustomLog /var/log/httpd/example.com_access.log combined
          ErrorLog /var/log/httpd/example.com_error.log
      </VirtualHost>

      これらの設定は以下を構成します。

      • <VirtualHost *:80> ディレクティブの全設定は、この仮想ホストに固有のものです。
      • DocumentRoot は、仮想ホストの Web コンテンツへのパスを設定します。
      • ServerName は、この仮想ホストがコンテンツを提供するドメインを設定します。

        複数のドメインを設定するには、ServerAlias パラメーターを設定に追加し、追加のドメインをスペース区切りで、このパラメーターに指定します。

      • CustomLog は、仮想ホストのアクセスログへのパスを設定します。
      • ErrorLog は、仮想ホストのエラーログへのパスを設定します。

        注記

        Apache は、ServerName および ServerAlias パラメーターに設定したドメインどれにも一致しない要求の場合でも、設定で最初に検出された仮想マシンを使用します。これには、サーバーの IP アドレス対してに送信される要求も含まれます。

  3. example.net ドメイン向けに同様の仮想ホスト設定を追加します。

    <VirtualHost *:80>
        DocumentRoot "/var/www/example.net/"
        ServerName example.net
        CustomLog /var/log/httpd/example.net_access.log combined
        ErrorLog /var/log/httpd/example.net_error.log
    </VirtualHost>
  4. 両方の仮想ホストのドキュメントルートを作成します。

    # mkdir /var/www/example.com/
    # mkdir /var/www/example.net/
  5. DocumentRoot パラメーターのパスが /var/www/ 内にない設定を行う場合は、両方のドキュメントルートに httpd_sys_content_t コンテキストを設定します。

    # semanage fcontext -a -t httpd_sys_content_t "/srv/example.com(/.*)?"
    # restorecon -Rv /srv/example.com/
    # semanage fcontext -a -t httpd_sys_content_t "/srv/example.net(/.\*)?"
    # restorecon -Rv /srv/example.net/

    以下のコマンドは、/srv/example.com/ および /srv/example.net/ ディレクトリーに httpd_sys_content_t コンテキストを設定します。

    policycoreutils-python-utils パッケージをインストールして restorecon コマンドを実行する必要があります。

  6. ローカルのファイアウォールで 80 ポートを開きます。

    # firewall-cmd --permanent --add-port=80/tcp
    # firewall-cmd --reload
  7. httpd サービスを有効にして起動します。

    # systemctl enable --now httpd

検証手順

  1. 仮想ホストのドキュメントルートごとに異なるサンプルファイルを作成します。

    # echo "vHost example.com" > /var/www/example.com/index.html
    # echo "vHost example.net" > /var/www/example.net/index.html
  2. ブラウザーを使用して http://example.com に接続します。Web サーバーは、example.com 仮想ホストからのサンプルファイルを表示します。
  3. ブラウザーを使用して http://example.net に接続します。Web サーバーは、example.net 仮想ホストからのサンプルファイルを表示します。

関連情報


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。