2.3. Samba セキュリティーサービス

/etc/samba/smb.conf ファイルの [global] セクションの security パラメーターは、Samba がサービスに接続しているユーザーを認証する方法を管理します。Samba をインストールするモードに応じて、パラメーターは異なる値に設定する必要があります。

AD ドメインメンバーに、security = ads を設定する。

このモードでは、Samba は Kerberos を使用して AD ユーザーを認証します。

Samba をドメインメンバーとして設定する方法は、「Samba をドメインメンバーサーバーとして設定」を参照してください。

スタンドアロンサーバーで、security = user を設定する。

このモードでは、Samba がローカルデータベースを使用して接続ユーザーを認証します。

Samba をスタンドアロンサーバーとして設定する方法は、「Samba をスタンドアロンサーバーとして設定」を参照してください。

NT4 PDC または BDC に security = user を設定する。
Samba は、このモードでは、ユーザーをローカルまたは LDAP データベースに認証します。
NT4 ドメインメンバーで、security = domain を設定する。

Samba は、このモードでは、NT4 PDC または BDC にユーザーを接続する認証を行います。このモードは、AD ドメインメンバーには使用できません。

Samba をドメインメンバーとして設定する方法は、「Samba をドメインメンバーサーバーとして設定」を参照してください。

関連情報

  • man ページの smb.conf(5) で、security パラメーターの説明を参照してください。