Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.4.2. * デフォルトドメイン

ドメイン環境では、以下の各 ID マッピング設定を追加します。

  • Samba サーバーがメンバーとなっているドメイン
  • Samba サーバーにアクセスできる信頼された各ドメイン

ただし、Samba が、その他のすべてのオブジェクトに、デフォルトドメインから ID を割り当てます。これには以下が含まれます。

  • ローカルの Samba ユーザーおよびグループ
  • Samba の組み込みアカウントおよびグループ (BUILTIN\Administrators など)
重要

Samba が正常に機能できるようにするには、このセクションで説明されているデフォルトのドメインを設定する必要があります。

割り当てられた ID を永続的に格納するには、デフォルトのドメインバックエンドを書き込み可能にする必要があります。

デフォルトドメインには、以下のいずれかのバックエンドを使用できます。

tdb

デフォルトのドメインを、tdb バックエンドを使用するように設定する場合は、ID 範囲を設定します。この ID 範囲には、将来作成されるオブジェクトや、定義されたドメイン ID マッピング設定には含まれないオブジェクトを追加できます。

たとえば、/etc/samba/smb.conf ファイルの [global] セクションで以下を設定します。

idmap config * : backend = tdb
idmap config * : range = 10000-999999

詳細は、TDB ID マッピングバックエンドの使用 を参照してください。

autorid

autorid バックエンドを使用するように、デフォルトのドメインを設定する場合、ドメイン用の ID マッピング設定を追加するかどうかは任意になります。

たとえば、/etc/samba/smb.conf ファイルの [global] セクションで以下を設定します。

idmap config * : backend = autorid
idmap config * : range = 10000-999999

詳細は、autorid ID マッピングバックエンドの使用 を参照してください。