Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.3. postfix

Postfix 転送エージェントは、メール配信に関連するすべてのプロセスを処理します。Postfix は BaseOS リポジトリーから入手できます。ただし、postfix-mysql または postfix-ldap サブパッケージは、Appstream リポジトリーで利用できる postfix ソース RPM から構築されます。

Postfix 設定ファイルは /etc/postfix/ ディレクトリーに保存されます。

以下は、一般的に使用されるファイルの一覧です。

  • access:- アクセス制御に使用され、Postfix に接続可能なホストを指定します。
  • main.cf:- グローバル Postfix 設定ファイルであり、多数の設定オプションを指定します。
  • master.cf:- メール配信を完了するために、Postfix の各種プロセスとの対話を指定します。
  • transport: 電子メールアドレスをリレーホストにマッピングします。aliases ファイルは、ユーザー ID エイリアスを記述するメールプロトコルに必要な設定可能な一覧です。/etc ディレクトリーにあり、Postfix と Sendmail 間で共有されています。