Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.2.9.2. MariaDB Galera クラスターを構築するためのコンポーネント

MariaDB Galera クラスター を構築するには、システムに以下のパッケージをインストールする必要があります。

  • mariadb-server-galera: MariaDB Galera クラスター のサポートファイルとスクリプトが含まれます。
  • mariadb-server: MariaDB アップストリームがパッチを適用し、書き込みセットレプリケーション API (wsrep API) を組み込みます。この API は、Galera レプリケーションと MariaDB との間のインターフェイスを提供します。
  • galera: MariaDB アップストリームがパッチを適用し、MariaDB の完全サポートを追加します。galera パッケージには、以下の内容が含まれます。

    • Galera Replication Library は、レプリケーション機能全体を提供します。
    • Galera Arbitrator ユーティリティーは、スプリットブレインのシナリオで投票に参加するクラスターメンバーとして使用できます。ただし、Galera Arbitrator は実際のレプリケーションには参加できません。
    • Galera Arbitrator ユーティリティーのデプロイに使用される Galera Systemd service および Galera wrapper script。RHEL 8 の MariaDB 10.3 および MariaDB 10.5 には、Red Hat バージョンの garbd systemd サービスと、/usr/lib/systemd/system/garbd.service ファイルおよび /usr/sbin/garbd-wrapper ファイルにそれぞれある galera パッケージのラッパースクリプトが含まれています。RHEL 8.6 以降、MariaDB 10.3 および MariaDB 10.5 は、/usr/share/doc/galera/garb-systemd および /usr/share/doc/galera/garbd.service にあるこれらのファイルのアップストリームバージョンも提供するようになりました。