Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.4.6.2. ファイルシステムレベルのバックアップを使用した PostgreSQL データのバックアップ

ファイルシステムレベルのバックアップを実行するには、PostgreSQL データベースファイルを別の場所に作成します。たとえば、以下のいずれかの方法を使用できます。

  • tar ユーティリティーを使用してアーカイブファイルを作成します。
  • rsync ユーティリティーを使用して、ファイルを別の場所にコピーします。
  • データディレクトリーの一貫したスナップショットを作成します。
9.4.6.2.1. ファイルシステムのバックアップを作成する利点と制限

ファイルシステムレベルのバックアップは、他の PostgreSQL バックアップ方法と比較して、以下の長所があります。

  • 通常、ファイルシステムレベルのバックアップは、SQL ダンプよりも高速です。

ファイルシステムレベルのバックアップは、他の PostgreSQL バックアップ方法と比較して、以下の制限があります。

  • このバックアップメソッドは、RHEL 7 から RHEL 8 にアップグレードし、アップグレードしたシステムにデータを移行する場合には適していません。ファイルシステムレベルのバックアップは、アーキテクチャーと RHEL メジャーバージョンに固有のものです。アップグレードに成功しなかった場合は、RHEL 7 システムでデータを復元できますが、RHEL 8 システムではデータを復元できません。
  • データをバックアップおよび復元する前に、データベースサーバーをシャットダウンする必要があります。
  • 特定のファイルまたはテーブルを個々にバックアップまたは復元することはできません。ファイルシステムのバックアップは、データベースクラスター全体を完全にバックアップおよび復元する場合にのみ機能します。