Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.3. Samba をスタンドアロンサーバーとして設定

Samba は、ドメインのメンバーではないサーバーとして設定できます。このインストールモードでは、Samba はユーザーを中央 DC ではなくローカルデータベースに認証します。また、ゲストアクセスを有効にして、ユーザーが、認証なしで 1 つまたは複数のサービスに接続できるようにすることもできます。

3.3.1. スタンドアロンサーバーのサーバー設定の設定

本セクションでは、Samba スタンドアロンサーバーにサーバー設定を設定する方法を説明します。

手順

  1. samba パッケージをインストールします。

    # yum install samba
  2. /etc/samba/smb.conf ファイルを編集して、以下のパラメーターを設定します。

    [global]
    	workgroup = Example-WG
    	netbios name = Server
    	security = user
    
    	log file = /var/log/samba/%m.log
    	log level = 1

    この設定では、Example-WG ワークグループに、スタンドアロンサーバー (Server) を定義します。また、この設定により最小レベル (1) でのログ記録が可能になり、ログファイルは /var/log/samba/ ディレクトリーに保存されます。Samba は、log file パラメーターの %m マクロを、接続しているクライアントの NetBIOS 名まで展開します。これにより、クライアントごとに個別のログファイルが有効になります。

  3. オプションで、ファイルまたはプリンターの共有を設定します。参照:

  4. /etc/samba/smb.conf ファイルを検証します。

    # testparm
  5. 認証が必要な共有を設定する場合は、ユーザーアカウントを作成します。

    詳細は ローカルユーザーアカウントの作成および有効化 を参照してください。

  6. firewall-cmd ユーティリティーを使用して必要なポートを開き、ファイアウォール設定を再読み込みします。

    # firewall-cmd --permanent --add-service=samba
    # firewall-cmd --reload
  7. smb サービスを有効にして起動します。

    # systemctl enable --now smb

関連情報

  • smb.conf(5) man ページ