Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.10. smbcacls で SMB 共有上の ACL の管理

smbcacls ユーティリティーは、SMB 共有に保存されたファイルおよびディレクトリーの ACL をリスト表示、設定、および削除できます。smbcacls を使用して、ファイルシステムの ACL を管理できます。

  • 高度な Windows ACL または POSIX ACL を使用するローカルまたはリモートの Samba サーバー
  • Red Hat Enterprise Linux で、Windows でホストされる共有の ACL をリモートで管理

3.10.1. アクセス制御エントリー

ファイルシステムオブジェクトの各 ACL エントリーには、以下の形式のアクセス制御エントリー (ACE) が含まれます。

security_principal:access_right/inheritance_information/permissions

例3.3 アクセス制御エントリー

AD\Domain Users グループに、Windows 上の このフォルダー、サブフォルダー、およびファイル に適用される 変更 権限がある場合、ACL には以下の ACE が含まれます。

AD\Domain Users:ALLOWED/OI|CI/CHANGE

ACE には、以下が含まれます。

セキュリティープリンシパル
セキュリティープリンシパルは、ACL の権限が適用されるユーザー、グループ、または SID です。
アクセス権
オブジェクトへのアクセスが許可または拒否されるかどうかを定義します。値は ALLOWED または DENIED です。
継承情報

次の値を取ります。

表3.1 継承の設定

詳細マップ先

OI

オブジェクトの継承

このフォルダーおよびファイル

CI

コンテナーの継承

このフォルダーおよびサブフォルダー

IO

継承のみ

ACE は、現在のファイルまたはディレクトリーには適用されません。

ID

継承済

親ディレクトリーから ACE が継承されました。

また、値は以下のように組み合わせることができます。

表3.2 継承設定の組み合わせ

値の組み合わせWindows の 適用先 設定にマップします。

OI|CI

このフォルダー、サブフォルダー、およびファイル

OI|CI|IO

サブフォルダーおよびファイルのみ

CI|IO

サブディレクトリーのみ

OI|IO

ファイルのみ

権限

この値は、Windows の権限または smbcacls エイリアスを表す 16 進値になります。

  • 1 つ以上の Windows の権限を表す 16 進値。

    次の表に、Windows の高度な権限とそれに対応する値を 16 進法で表示します。

    表3.3 Windows の権限とそれに対応する smbcacls 値を 16 進法で設定

    Windows の権限16 進値

    完全な制御

    0x001F01FF

    フォルダーのスキャンおよびファイルの実行

    0x00100020

    フォルダーのリスト表示 / データの読み取り

    0x00100001

    属性の読み取り

    0x00100080

    拡張属性の読み取り

    0x00100008

    ファイルの作成/データの書き込み

    0x00100002

    フォルダーの作成/データの追加

    0x00100004

    属性の書き込み

    0x00100100

    拡張属性の書き込み

    0x00100010

    サブフォルダーおよびファイルの削除

    0x00100040

    削除

    0x00110000

    権限の読み取り

    0x00120000

    権限の変更

    0x00140000

    所有権の取得

    0x00180000

    ビット単位の OR 演算を使用すると、複数の権限を 1 つの 16 進値として組み合わせることができます。詳細は、ACE マスク計算 を参照してください。

  • smbcacls エイリアス。以下の表には、利用可能なエイリアスが表示されます。

    表3.4 既存の smbcacls エイリアスとそれに対応する Windows の権限

    smbcacls エイリアスWindows の権限へのマッピング

    -R

    読み取り

    READ

    読み取りおよび実行

    W

    主な機能:

    • ファイルの作成/データの書き込み
    • フォルダーの作成/データの追加
    • 属性の書き込み
    • 拡張属性の書き込み
    • 権限の読み取り

    D

    削除

    %P

    権限の変更

    O

    所有権の取得

    X

    スキャン / 実行

    CHANGE

    修正

    FULL

    完全な制御

    注記

    権限を設定する際に、1 文字のエイリアスを組み合わせることができます。たとえば、Windows の権限の Read および Delete を適用するように RD を設定できます。ただし、1 文字以外のエイリアスを複数組み合わせたり、エイリアスと 16 進値を組み合わせることはできません。

3.10.2. smbcacls を使用した ACL の表示

SMB 共有で ACL を表示するには、smbcacls ユーティリティーを使用します。--add などの操作パラメーターを付けずに smbcacls を実行すると、ユーティリティーは、ファイルシステムオブジェクトの ACL を表示します。

手順

たとえば、//server/example 共有のルートディレクトリーの ACL をリスト表示するには、以下のコマンドを実行します。

# smbcacls //server/example / -U "DOMAIN\administrator"
Enter DOMAIN\administrator's password:
REVISION:1
CONTROL:SR|PD|DI|DP
OWNER:AD\Administrators
GROUP:AD\Domain Users
ACL:AD\Administrator:ALLOWED/OI|CI/FULL
ACL:AD\Domain Users:ALLOWED/OI|CI/CHANGE
ACL:AD\Domain Guests:ALLOWED/OI|CI/0x00100021

コマンドの出力は以下のようになります。

  • REVISION - セキュリティー記述子の内部 Windows NT ACL リビジョン
  • CONTROL - セキュリティー記述子の制御
  • OWNER - セキュリティー記述子の所有者の名前または SID
  • GROUP - セキュリティー記述子のグループの名前または SID
  • ACL エントリー。詳細は、アクセス制御エントリー を参照してください。

3.10.3. ACE マスク計算

ほとんどの場合、ACE を追加または更新するときは、既存の smbcacls エイリアスとそれに対応する Windows アクセス許可に リストされている smbcacls エイリアスを使用します。

ただし、Windows の権限と それに対応する smbcacls 値を 16 進法でリストしたように高度な Windows の権限 を設定する場合は、ビット単位の OR 操作を使用して正しい値を計算する必要があります。以下のシェルコマンドを使用して値を計算できます。

# echo $(printf '0x%X' $(( hex_value_1 | hex_value_2 | ... )))

例3.4 ACE マスクの計算

以下の権限を設定します。

  • フォルダーのスキャン / ファイルの実行 (0x00100020)
  • フォルダーのリスト表示 / データの読み取り (0x00100001)
  • 属性の読み取り (0x00100080)

以前の権限の 16 進値を計算するには、以下を入力します。

# echo $(printf '0x%X' $(( 0x00100020 | 0x00100001 | 0x00100080 )))
0x1000A1

ACE を設定または更新する場合は、戻り値を使用します。

3.10.4. smbcacls を使用した ACL の追加、更新、および削除

smbcacls ユーティリティーに渡すパラメーターに応じて、ファイルまたはディレクトリーから ACL を追加、更新、および削除できます。

ACL の追加

このフォルダー、サブフォルダー、およびファイルCHANGE 権限を AD\Domain Users グループに付与する //server/example 共有のルートに ACL を追加するには、以下のコマンドを実行します。

# smbcacls //server/example / -U "DOMAIN\administrator --add ACL:"AD\Domain Users":ALLOWED/OI|CI/CHANGE
ACL の更新

ACL の更新は、新しい ACL の追加に似ています。ACL を更新する場合は、--modify パラメーターと既存のセキュリティープリンシパルを使用して ACL を上書きします。smbcacls が ACL リスト内でセキュリティープリンシパルを検出すると、ユーティリティーは権限を更新します。これを行わないと、以下のエラーでコマンドが失敗します。

ACL for SID principal_name not found

たとえば、AD\Domain Users グループの権限を更新し、このフォルダー、サブフォルダー、およびファイルREAD に設定するには、以下のコマンドを実行します。

# smbcacls //server/example / -U "DOMAIN\administrator --modify ACL:"AD\Domain Users":ALLOWED/OI|CI/READ
ACL の削除

ACL を削除するには、正確な ACL を持つ --delete パラメーターを smbcacls ユーティリティーに渡します。以下に例を示します。

# smbcacls //server/example / -U "DOMAIN\administrator --delete ACL:"AD\Domain Users":ALLOWED/OI|CI/READ