Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第10章 メールプロトコルの概要

電子メールメッセージは、クライアント/サーバーのアーキテクチャーを使用して配信されます。メールクライアントプログラムは、サーバーに送信されるメールメッセージを作成します。メッセージはサーバーによって受信者の電子メールサーバーに転送され、受信者の電子メールクライアントに転送されます。

メールの転送で最も一般的に使用されるプロトコルは、以下のように分類されます。

  • メール転送プロトコル

    • SMTP
  • メールアクセスプロトコル

    • POP
    • IMAP

本章では、SMTP、POP、および IMAP プロトコルについて説明します。

10.1. SMTP

Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)は、クライアントアプリケーションからサーバーへのメール配信、および送信元サーバーから宛先サーバーへのメール配信を管理します。RHEL では、ユーザーはローカルマシンで SMTP サーバーを設定してメール配信を管理できます。送信メールのリモート SMTP サーバーを設定できます。

RHEL 8 では、SMTP はデフォルトでセキュアになっています。インターネット上のランダムユーザーを制限するリレー制限を、SMTP サーバーを介して他のサーバーに電子メールを送信しないようにすることができます。

Sendmail および Postfix は、AppStream リポジトリーと BaseOS リポジトリーから入手できます。