Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.6. BIND DNS サーバーでのゾーンの設定

DNS ゾーンは、ドメインスペース内の特定のサブツリーのリソースレコードを含むデータベースです。たとえば、example.com ドメインを担当している場合は、BIND でそのゾーンを設定できます。その結果、クライアントは www.example.com をこのゾーンで設定された IP アドレスに解決できます。

4.6.1. ゾーンファイルの SOA レコード

SOA (Start of Authority) レコードは、DNS ゾーンで必要なレコードです。このレコードは、たとえば、複数の DNS サーバーがゾーンだけでなく DNS リゾルバーに対しても権限を持っている場合に重要です。

BIND の SOA レコードの構文は次のとおりです。

name class type mname rname serial refresh retry expire minimum

読みやすくするために、管理者は通常、ゾーンファイル内のレコードを、セミコロン (;) で始まるコメントを使用して複数の行に分割します。SOA レコードを分割する場合は、括弧でレコードをまとめることに注意してください。

@ IN SOA ns1.example.com. hostmaster.example.com. (
                          2022070601 ; serial number
                          1d         ; refresh period
                          3h         ; retry period
                          3d         ; expire time
                          3h )       ; minimum TTL
重要

完全修飾ドメイン名 (FQDN) の末尾にあるドットに注意してください。FQDN は、ドットで区切られた複数のドメインラベルで設定されます。DNS ルートには空のラベルがあるため、FQDN はドットで終わります。したがって、BIND はゾーン名を末尾のドットなしで名前に追加します。末尾にドットがないホスト名 (例: ns1.example.com) は、ns1.example.com.example.com. に展開されます。これは、プライマリーネームサーバーの正しいアドレスではありません。

SOA レコードのフィールドは次のとおりです。

  • name: ゾーンの名前 (つまり origin)。このフィールドを @ に設定すると、BIND はそれを /etc/named.conf で定義されたゾーン名に展開します。
  • class: SOA レコードでは、このフィールドを常に Internet (IN) に設定する必要があります。
  • type: SOA レコードでは、このフィールドを常に SOA に設定する必要があります。
  • mname (マスター名): このゾーンのプライマリーネームサーバーのホスト名。
  • rname (責任者名): このゾーンの責任者の電子メールアドレス。形式が異なりますのでご注意ください。アットマーク (@) をドット (.) に置き換える必要があります。
  • serial: このゾーンファイルのバージョン番号。セカンダリーネームサーバーは、プライマリーサーバーのシリアル番号の方が大きい場合にのみ、ゾーンのコピーを更新します。

    形式は任意の数値にすることができます。一般的に使用される形式は <year><month><day><two-digit-number> です。この形式を使用すると、理論的には、ゾーンファイルを 1 日に 100 回まで変更できます。

  • refresh: ゾーンが更新された場合は、プライマリーサーバーをチェックする前にセカンダリーサーバーが待機する時間。
  • retry: 試行が失敗した後、セカンダリーサーバーがプライマリーサーバーへのクエリーを再試行するまでの時間。
  • expire: 以前の試行がすべて失敗した場合に、セカンダリーサーバーがプライマリーサーバーへのクエリーを停止した後の時間。
  • minimum: RFC 2308 は、このフィールドの意味を負のキャッシュ時間に変更しました。準拠リゾルバーは、NXDOMAIN 名エラーをキャッシュする期間を決定するために使用します。
注記

refreshretryexpire、および maximum フィールドの数値は、時間を秒単位で定義します。ただし、読みやすくするために、時間の接尾辞 (m は分、h は時間、d は日など) を使用してください。たとえば、3h は 3 時間を表します。

関連情報

  • RFC 1035: ドメイン名 - 実装および仕様
  • RFC 1034: ドメイン名 - 概念および機能
  • RFC 2308: DNS クエリーのネガティブキャッシュ (DNS キャッシュ)