Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.19. Samba がデフォルトの SMB バージョンよりも前のバージョンのクライアントと互換対応するような設定

Samba は、サポート対象の最小サーバーメッセージブロック (SMB) バージョンに妥当で安全なデフォルト値を使用します。ただし、以前の SMB バージョンを必要とするクライアントがある場合は、Samba を設定してサポートできます。

3.19.1. Samba サーバーで対応している最小 SMB プロトコルバージョンの設定

Samba では、/etc/samba/smb.conf ファイルの server min protocol パラメーターは、Samba サーバーが対応する SMB (server message block) プロトコルの最小バージョンを定義します。本セクションでは、SMB プロトコルの最小バージョンを変更する方法を説明します。

注記

デフォルトでは、RHEL 8.2 以降の Samba では、SMB2 以降のプロトコルバージョンのみに対応します。Red Hat は、非推奨の SMB1 プロトコルを使用することは推奨されません。ただし、お使いの環境で SMB1 が必要な場合は、server min protocol パラメーターを手動で NT1 に設定して、SMB1 を再度有効にできます。

前提条件

  • Samba がインストールされ、設定されている。

手順

  1. /etc/samba/smb.conf ファイルを編集し、server min protocol パラメーターを追加して、そのサーバーが対応する最小 SMB プロトコルバージョンに設定できます。たとえば、最小の SMB プロトコルバージョンを SMB3 に設定するには、以下を追加します。

    server min protocol = SMB3
  2. smb サービスを再起動します。

    # systemctl restart smb

関連情報

  • smb.conf(5) man ページ