Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.3.5.3.2. 継続的なアーカイブの長所と短所

継続的なアーカイブは、PostgreSQL のその他のバックアップ方法と比較して、以下の利点があります。

  • 継続的なバックアップメソッドでは、バックアップ内の内部不整合がログ再生により修正されるため、整合性が完全に取れないベースバックアップを使用することができます。そのため、実行中の PostgreSQL サーバーでベースバックアップを実行できます。
  • ファイルシステムのスナップショットは必要ありません。tar または同様のアーカイブユーティリティーで十分です。
  • 継続的にバックアップを行うには、継続的に WAL ファイルをアーカイブします。これは、ログ再生用の WAL ファイルの順序が無限に長くなる可能性があるためです。これは、特に大規模なデータベースで有用です。
  • 継続的バックアップは、特定の時点への復旧 (ポイントインタイムリカバリー) をサポートします。WAL エントリーを最後まで再生する必要はありません。再生はいつでも停止でき、ベースバックアップを作成してから、データベースをいつでもその状態に復元できます。
  • 一連の WAL ファイルが同じベースのバックアップファイルで読み込まれた別のマシンが継続的に利用可能である場合は、任意の時点で、データベースで現在に一番近いコピーで、他のマシンを復元できます。

継続的なアーカイブには、その他の PostgreSQL バックアップ方法と比較して、以下の短所があります。

  • 継続バックアップ方法は、サブセットではなく、データベースクラスター全体の復元のみをサポートします。
  • 継続的にバックアップするには、大きなアーカイブストレージが必要です。