Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.4. CUPS Web UI への管理アクセスの取得

本セクションでは、CUPS Web UI への管理アクセスを取得する方法を説明します。

手順

  1. CUPS Web UIAdministation メニューにアクセスするには、/etc/cups/cupsd.conf ファイルに以下の行を追加します。

    <Location /admin>
    Allow from <your_ip_address>
    Order allow,deny
    </Location>
    注記

    <your_ip_address> を、システムの実際の IP アドレスに置き換えます。

  2. CUPS Web UI で設定ファイルにアクセスするには、/etc/cups/cupsd.conf ファイルに以下の内容を含めます。

    <Location /admin/conf>
    AuthType Default
    Require user @SYSTEM
    Allow from <your_ip_address>
    Order allow,deny
    </Location>
    注記

    <your_ip_address> を、システムの実際の IP アドレスに置き換えます。

  3. CUPS Web UI でログファイルにアクセスするには、/etc/cups/cupsd.conf ファイルに以下の内容を追加します。

    <Location /admin/log>
    AuthType Default
    Require user @SYSTEM
    Allow from <your_ip_address>
    Order allow,deny
    </Location>
    注記

    <your_ip_address> を、システムの実際の IP アドレスに置き換えます。

  4. CUPS Web UI で認証された要求の暗号化の使用を指定するには、/etc/cups/cupsd.conf ファイルに DefaultEncryption を追加します。

    DefaultEncryption IfRequested

    この設定では、管理 メニューにアクセスする際に、プリンターの追加を許可されたユーザーのユーザー名を入力する認証ウィンドウが表示されます。ただし、DefaultEncryption を設定する方法は他にもあります。詳細は、man ページの cupsd.conf を参照してください。

  5. cups サービスを再起動します。

    # systemctl restart cups
    警告

    cups サービスを再起動しないと、/etc/cups/cupsd.conf の変更は適用されません。その結果、CUPS Web UI への管理アクセスは取得できません。

関連情報

  • cupsd.conf の man ページ