4.3. Anaconda ユーザーインターフェース

Anaconda ユーザーインターフェース (UI) には、ハブおよびスポークモデルとして知られる非リニア構造があります。

Anaconda のハブおよびスポークモデルの利点は以下のとおりです。

  • インストーラー画面をフォローする柔軟性。
  • デフォルト設定を保持する柔軟性。
  • 設定された値の概要を説明します。
  • 拡張性をサポートします。ハブは、何も並べ替えることなく追加でき、複雑な順序の依存関係を解決できます。
  • グラフィカルおよびテキストモードでのインストールをサポートします。

以下の図は、インストーラーレイアウトと ハブスポーク (スクリーン) 間の対話を可能にします。

図4.1 ハブおよびスリープモデル

ハブとスポーク

この図では、画面 2-13 は 通常のスポーク と呼ばれ、スクリーン 1 および 14 は スタンドアロンのスポーク です。スタンドアロンのスリープとは、スタンドアロンのドアまたはハブの前後に使用できる画面です。たとえば、インストール先頭の Welcome 画面では、残りのインストールに言語を選択するように求められます。

注記
  • インストールの概要 は、Anaconda の唯一のハブです。インストールを開始する前に設定されたオプションの概要が示されます。

各スポークには、ハブを反映する以下の事前定義 プロパティー があります。

  • ready: 到着できるかどうかを示します。たとえば、インストーラーがパッケージソースを設定している場合は、スポークがグレーで色化され、設定が完了するまでアクセスできません。
  • completed: スポークが完了しているかどうかをマークします (必要なすべての値が設定されます)。
  • mandatory: インストールを続行する前に会議にアクセスする必要があるかどうかを判断します。たとえば、自動ディスクパーティション設定を使用しても、インストール先スポークに移動する必要があります。
  • status: (ハブのスポーク名で表示される) 内で設定された値の短いサマリーを提供します。

ユーザーインターフェースを明確にするために、スポークは カテゴリー に分類されます。たとえば、ローカライゼーションカテゴリーグループは、キーボードレイアウト の選択、言語サポート、タイムゾーン設定などに使用できます。

各スリープには UI 制御が含まれており、1 つ以上のモジュールから値を表示し、変更できます。アドオンが提供するスポークにも同様のことが言えます。