2.2. bios ファームウェアが搭載されたシステム

ISOLINUX ブートローダーは、BIOS ファームウェアのあるシステムで使用されます。

図2.1 ISOLINUX ブートメニュー

BIOS ファームウェアのあるシステムで使用される ISOLINUX ブートメニューがデフォルト設定です。

ブートメディアの isolinux/isolinux.cfg 設定ファイルには、色スキームとメニュー構造 (Enterly および submenu) を設定するためのディレクティブが含まれています。

設定ファイルでは、Red Hat Enterprise Linux のデフォルトメニューエントリーである Test this media & Install Red Hat Enterprise Linux 8 は、以下のブロックで定義されています。

label check
  menu label Test this ^media & install Red Hat Enterprise Linux 8.4.0.
  menu default
  kernel vmlinuz
  append initrd=initrd.img inst.stage2=hd:LABEL=RHEL-8-4-0-BaseOS-x86_64 rd.live.check
quiet

詳細は以下のようになります。

  • menu label: メニューでエントリーの名前を指定します。^ 文字は、キーボードショートカット (m キー) を決定します。
  • menu default: 一覧の最初のオプションではない場合でも、デフォルトの選択を行います。
  • kernel: インストーラーカーネルを読み込みます。多くの場合、変更は不要です。
  • append: 追加のカーネルオプションが含まれます。initrd= オプションおよび inst.stage2 オプションは必須です。他のオプションを追加することもできます。

    Anaconda に適用可能なオプションなオプションの詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 8 標準的な RHEL インストールガイドの実行』を参照してください。

    主なオプションは inst.ks= で、キックスタートファイルの場所を指定できます。ブート ISO イメージにキックスタートファイルを配置し、inst.ks= オプションを使用してその場所を指定できます。たとえば、kickstart.ks ファイルをイメージのルートディレクトリーに配置し、inst.ks=hd:LABEL=RHEL-8-2-0-BaseOS-x86_64:/kickstart.ks を使用します。

    また、dracut.cmdline(8) に一覧表示されている dracut オプションを使用することもできます。

    重要

    上記の inst.stage2=hd:LABEL=RHEL-8-2-0-BaseOS-x86_64 オプションにあるように、特定のドライブを参照するディスクラベルを使用する場合は、すべての空白を \x20 に置き換えます。

メニューエントリー定義に含まれていないその他の重要なオプションは、以下のとおりです。

  • timeout: デフォルトのメニューエントリーが自動的に使用されるまでの起動メニューが表示される時間を指定します。デフォルト値は 600 で、メニューが 60 秒間表示されます。この値を 0 に設定すると、timeout オプションが無効になります。

    注記

    タイムアウトを低い値 (例: 1) に設定すると、ヘッドレスインストールを実行するときに便利です。これにより、デフォルトのタイムアウトが完了するのを回避するのに役立ちます。

  • menu begin および menu end: サブメニュー ブロックの開始と終了を決定するため、トラブルシューティングや サブメニューでのグループ化などのオプションを追加できます。2 つのオプションを持つ単純なサブメニュー (続行するオプション、メインメニューに戻るオプション) は次のようになります。

    menu begin ^Troubleshooting
      menu title Troubleshooting
    
    label rescue
      menu label ^Rescue a Red Hat Enterprise Linux system
      kernel vmlinuz
      append initrd=initrd.img inst.stage2=hd:LABEL=RHEL-8-2-0-BaseOS-x86_64 rescue quiet
    
    menu separator
    
    label returntomain
      menu label Return to ^main menu
      menu exit
    
    menu end

    サブメニューエントリーの定義は通常のメニューエントリーと似ていますが、menu begin および menu end ステートメントでグループ化されます。2 つ目のオプションの menu exit 行はサブメニューを終了し、メインメニューに戻ります。

  • menu background: メニュー背景は単色 (以下の menu clor の色を参照)、または PNG、PNG、または LSS16 形式のイメージのいずれかになります。イメージを使用する場合は、set resolution ステートメントを使用して、その位置がセットされた解決に対応していることを確認してください。デフォルトの機能は 640x480 です。
  • menu color: メニュー要素の色を指定します。完全なフォーマットは以下のとおりです。

    menu color element ansi foreground background shadow

    このコマンドで最も重要な部分は以下の通りです。

  • element:の色が適用される要素を決定します。
  • フォアグラウンド および 背景: 実際の色を指定します。

    色は、16 進数形式の #AARRGGBB で記述されます。これにより、透明度も決まります。

  • 00 は完全に透過的です。
  • ff は完全に不透明です。
  • menu help textfile: メニューエントリーを作成します。このエントリーを選択すると、ヘルプテキストファイルが表示されます。

関連情報

  • ISOLINUX 設定ファイルのオプションの完全リストは、Syslinux Wiki を参照してください。