第4章 インストーラーアドオンの開発

本セクションでは、Anaconda とそのアーキテクチャーの詳細と、独自のアドオンの開発方法を説明します。Anaconda およびそのアーキテクチャーの詳細は、Anaconda バックエンドおよびアドオンが機能するさまざまなプラグインポイントを理解するのに役立ちます。また、アドオンの開発に対応するのに役立ちます。

4.1. Anaconda およびアドオンの概要

Anaconda: Fedora、Red Hat Enterprise Linux、およびその他の派生製品に使用されるオペレーティングシステムインストーラーです。これは、Gtk ウィジェット (C で記述)、systemd ユニット、dracut ライブラリーなどの一部の追加ファイルが含まれる、一連の Python モジュールおよびスクリプトです。同時に、これらは、作成される (ターゲット) システムのパラメーターを設定してから、このシステムをマシンにセットアップできるツールを形成します。インストールプロセスには、主に 4 つのステップがあります。

  1. インストール先の準備 (通常は、ディスクのパーティション設定)
  2. パッケージおよびデータのインストール
  3. ブートローダーのインストールおよび設定
  4. 新規インストールシステムの設定

Anaconda を使用すると、以下の 3 つの方法で Fedora、Red Hat Enterprise Linux、および派生製品をインストールできます。

グラフィカルユーザーインターフェース (GUI) の使用:

これは、最も一般的なインストール方法です。インターフェースを使用すると、インストールを開始する前に、設定がほとんどまたは何も必要のない状態でシステムを対話的にインストールできます。この方法は、複雑なパーティションレイアウトの設定など、一般的なすべてのユースケースを取り上げます。

グラフィカルインターフェースは VNC を介したリモートアクセスをサポートします。これにより、グラフィックカードやモニターが接続されていないシステムでも GUI を使用できます。

テキストユーザーインターフェース (TUI) の使用:

TUI はモノクロラインプリンターと同様に動作します。これにより、カーソルの移動、色、その他の高度な機能に対応しないシリアルコンソールで作業できます。テキストモードは限定されており、ネットワーク設定、言語オプション、インストール (0パッケージ) ソースなど、最も一般的なオプションのみをカスタマイズできます。このインターフェースでは、手動パーティション設定などの高度な機能は利用できません。

キックスタートファイルの使用:

キックスタートファイルは、シェルのような構文を持つプレーンテキストファイルで、インストールプロセスを実行するためのデータを含めることができます。キックスタートファイルを使用すると、インストールを部分的または完全に自動化できます。インストールを完全に自動化するには、すべての必要なエリアを構成する一連のコマンドが必要になります。1 つ以上のコマンドが見つからない場合は、インストールに対話が必要です。

インストーラー自体の自動化以外に、キックスタートファイルには、インストールプロセス中に特定の時点で実行するカスタムスクリプトを含めることができます。