3.3.2. 製品設定ファイルの設定

製品設定ファイルには、製品を識別するセクションが 1 つまたは 2 つあります。[Product] セクションは、プロダクトの製品名を指定します。[Base Product] セクションは、ベース製品 (存在する場合) の製品名を指定します。たとえば、Red Hat Enterprise Linux は Red Hat Virtualization のベース製品です。

インストーラーは、指定された製品の設定ファイルを読み込む前に、ベース製品の設定ファイルを読み込みます。たとえば、まず Red Hat Enterprise Linux の設定を読み込み、次に Red Hat Virtualization の設定を読み込みます。

Red Hat Virtualization の製品設定ファイルの例を参照してください。

[Product]
product_name = Red Hat Virtualization

[Base Product]
product_name = Red Hat Enterprise Linux

[Storage]
default_scheme = LVM_THINP
default_partitioning = VIRTUALIZATION

[Storage Constraints]
root_device_types = LVM_THINP
must_not_be_on_root = /var
req_partition_sizes =
	/var   10 GiB
	/boot  1  GiB

[User Interface]
help_directory = /usr/share/anaconda/help/rhv

Red Hat Enterprise Linux の製品設定ファイルの例を参照してください。

# Anaconda configuration file for Red Hat Enterprise Linux.

[Product]
product_name = Red Hat Enterprise Linux

[Anaconda]
# List of enabled Anaconda DBus modules for RHEL.
kickstart_modules =
     org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Timezone
     org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Network
     org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Localization
     org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Security
     org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Users
     org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Payloads
     org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Storage
     org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Services
     org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Subscription

[Installation System]
# Show a warning if SMT is enabled.
can_detect_enabled_smt = True

[Network]
default_on_boot = DEFAULT_ROUTE_DEVICE

[Payload]
ignored_packages =
    ntfsprogs
    btrfs-progs
    dmraid

enable_updates = False
enable_closest_mirror = False
default_source = CDN

[Bootloader]
efi_dir = redhat

[Storage]
file_system_type = xfs

[User Interface]
help_directory = /usr/share/anaconda/help/rhel

[License]
eula = /usr/share/redhat-release/EULA

プロダクトのインストーラー設定をカスタマイズするには、製品設定ファイルを作成する必要があります。上記の例のような内容で、my-distribution.conf という名前の新しいファイルを作成します。[Product] セクションの product_name を、製品の名前 (例: My Distribution) に変更します。製品名は、.buildstamp ファイルで使用される名前と同じでなければなりません。

カスタム .buildstamp ファイルを作成したら、「プロダクトの img ファイルの作成」 セクションの手順に従い、カスタマイズを含む new product.img ファイルを作成します。また、「カスタムブートイメージの作成」 セクションに従い、を含む変更が含まれる新しい起動可能な ISO ファイルを作成します。