7.4. Microsoft Azure アカウントで共有された RHEL システムイメージから仮想マシンを作成する

Insights Image Builder を使用して、Microsoft Azure クラウドアカウントと共有したイメージから仮想マシン (VM) を作成できます。

前提条件

手順

  1. + Create VM をクリックします。Create a virtual machine ダッシュボードにリダイレクトされます。
  2. Project DetailsBasic タブで SubscriptionResource Group がすでに事前に設定されています。

    オプション: 新しいリソースグループを作成する場合:

    1. Create new をクリックします。

      ポップアップで、リソースグループ名 のコンテナーの作成が求められます。

    2. 名前を入力して OK をクリックします。

      事前に設定された リソースグループ をそのまま使用する場合:

  3. Instance Details で以下を挿入します。

    1. Virtual machine name
    2. Region
    3. Image
    4. Size: 必要に応じて仮想マシンのサイズを選択します。

      その他のフィールドはデフォルトのままにしておきます。

  4. Administrator account に、以下の情報を入力します。

    1. username: アカウント管理者の名前。
    2. SSH Public Key source: ドロップダウンメニューから、Generate new key pair を選択します。
    3. key pair name: キーペアの名前を挿入します。
  5. Inbound port rules:

    1. Public inbound ports: Allow selected ports を選択します。
    2. Select inbound ports: デフォルト設定の SSH (22) を使用します。
  6. Review + Create をクリックします。Review + create タブにリダイレクトされます。検証が渡されたことを確認するメッセージが表示されます。
  7. 詳細を確認して Create をクリックします。

    オプションを変更するには、Previous をクリックします。

  8. Generates New Key Pair ポップアップが開きます。Download private key and create resources をクリックします。

    yourKey.pem ファイル形式でキーファイルを保存します。

  9. デプロイメントが完了したら、Go to resource をクリックします。

    実際の仮想マシンの詳細を含む新規ウィンドウに、リダイレクトされます。

  10. ページの右上にあるパブリック IP アドレスを選択してクリップボードにコピーします。

検証

作成した仮想マシンに接続するための SSH 接続を作成します。そのためには、以下の手順に従います。

  1. 端末を開きます。
  2. プロンプトで、仮想マシンへの SSH 接続を開きます。IP アドレスは、仮想マシンの IP アドレスに、.pem へのパスは、鍵ファイルのダウンロード先のパスに置き換えます。

    # ssh -i <yourKey.pem file location> <username>@<IP_address>
    • ユーザー名を追加し、IP アドレスを仮想マシンの IP アドレスに置き換えます。
    • .pem ファイルへのパスを、鍵ファイルのダウンロード先のパスに置き換えます。

      以下に例を示します。

      # ssh -i ./Downloads/yourKey.pem azureuser@10.111.12.123
  3. 接続を続行するには確定する必要があります。続行するには yes と入力します。

    これにより、Microsoft Azure ストレージアカウントと共有した出力イメージが起動し、プロビジョニングの準備が整います。

    注記

    デフォルトのユーザーは azureuser で、パスワードは azureuser です。