第6章 Insights Image Builder を使用した Amazon Web Services へのカスタマイズされた RHEL システムイメージの作成およびアップロード

Insights Image Builder を使用してカスタマイズされた RHEL システムイメージを作成し、それらのイメージを Amazon Web Services (AWS) ターゲット環境にアップロードできます。

6.1. Insights Image Builder を使用した、カスタマイズされた RHEL システムイメージの作成と AWS へのアップロード

Insights Image Builder を使用してカスタマイズしたシステムイメージを作成し、それらのイメージを Amazon Web Services (AWS) にアップロードするには、次の手順を実行します。

前提条件

手順

  1. Insights Image Builder にアクセスします。

    Insights Image Builder ダッシュボードが表示されます。

  2. Create image をクリックします。

    Create image ダイアログウィザードが開きます。

  3. Image output ページで、次の手順を実行します。

    1. Release リストから、使用するリリースを選択します。たとえば、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) を選択します。
    2. Select target environments オプションから、ターゲット環境 として Amazon Web Services を選択します。

      Next をクリックします。

  4. Target Environment - Amazon Web Services ページで、AWS account ID を入力し、Next をクリックします。

    AWS コンソールでオプション Account にアクセスして、AWS アカウント ID を検索します。

  5. Registration ページで、使用する登録のタイプを選択します。これらのオプションから選択できます。

  6. Next をクリックします。
  7. オプション: Packages ページで、イメージにパッケージを追加します。Insights Image Builder を使用したイメージ作成中のパッケージの追加 を参照してください。
  8. Name image ページで、イメージの名前を入力し、Next をクリックします。名前を入力しない場合は、その UUID によって作成したイメージを見つけることができます。
  9. Review ページで、イメージの作成に関する詳細を確認し、Create image をクリックします。

    Create image ウィザードの手順を完了すると、Image Builder ダッシュボードが表示されます。

    Insights image builder は、x86_64 アーキテクチャーの RHEL Amazon Machine Image (AMI) の作成を開始し、これを AWS EC2 にアップロードします。次に、指定したアカウントと AMI イメージを共有します。

    ダッシュボードでは、Image UUIDcloud target environmentimage OS release、イメージ作成の status などの詳細を確認することができます。

    ステータスが以下の通りです。

    • Pending: イメージのアップロードおよびクラウド登録が処理されています。
    • In Progress: イメージのアップロードおよびクラウド登録が継続されます。
    • Ready: イメージのアップロードおよびクラウド登録が完了しました。
    • Failed: イメージのアップロードおよびクラウドの登録に失敗しました。

      注記

      イメージビルド、アップロード、およびクラウド登録プロセスは、完了に最大 10 分かかる場合があります。

検証

  • イメージのステータスが Ready かどうかを確認します。これは、イメージのアップロードとクラウドの登録が正常に完了したことを意味します。

    注記

    イメージアーティファクトは 14 日間保存され、その後は有効期限が切れます。イメージが失われないように、必ずアカウントにイメージを転送してください。